第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 登録できないエージェントもある?フリーターが転職エージェントを使うメリットと上手な使い方

登録できないエージェントもある?フリーターが転職エージェントを使うメリットと上手な使い方

Pocket

転職活動の際に、エージェントを使うかどうかは個人の好みによります。エージェントを使うのにも、メリットとデメリットが存在します。
ただ、職歴のないフリーターの場合は転職エージェントを活用したほうが良いかもしれません。

今回の記事では、フリーターが転職エージェントを使うメリットと、その上手な使い方についてお伝えします。
「そもそも転職エージェントってなに?」と疑問のフリーターの人は、ぜひ参考にしてください。

そもそも転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職希望者が転職する際のサポートをしてくれるサービスのことを指します。
具体的には、求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、そして就活全般の相談に乗るなどが例として挙げられます。

転職希望者一人に対しエージェントから一人の担当者がつくため、その担当者と協力して就活を進めていくのが特徴です。

転職エージェントでは面接日のセッティングや給与交渉などを代行してくれますので、自分一人で転職活動をするより手間暇を削減できるのが魅力だと言えます。

フリーターは登録できないエージェントもある?

上記でお伝えした便利な転職エージェントですが、実はフリーターでは登録できないエージェントも存在します。

そもそも転職エージェントの仕組みは「エージェント利用者と企業の間で雇用契約が成立することにより、企業側がエージェントに報酬を支払う」というものだからです。

ですので、フリーターでは雇用契約が成立する可能性がゼロの、中途向けのエージェントなどには登録できない可能性が高いのです。

ただ、最近では既卒やフリーター向けの転職エージェントは増えてきていますので、自身の状況に合ったエージェントを使うと良いでしょう。

フリーターが転職エージェントを使うメリットとは

それでは具体的に、フリーターが転職エージェントを使う際のメリットについて考えていきたいと思います。
「一人で転職活動ができるのであれば、わざわざ転職エージェントなんて使いたくない。」そう考えている人もいるかもしれません。

そんな人は、これからお伝えする3つのメリットについて知ってから、転職エージェントを使うかどうか決めてはいかがでしょうか。

1.転職のプロにみてもらうことでブラッシュアップされる

転職エージェント最大のメリットと言えるのが、転職のプロからアドバイスをもらえることです。

今まで何人もの転職成功者を輩出してきた転職エージェントの担当者は、誰よりも転職を成功させるコツをつかめています。
書類選考のポイントや面接でのコツなど、自分だけでは気づけないポイントに関しては、プロに聞くのが内定への最短ルートだと言えるでしょう。

担当者に書類を確認してもらったり、面接練習に付き合ってもらったりすることで、徐々にブラッシュアップされていくはずです。
転職エージェントの担当者は、積極的に活用すべきだと言えます。

2.フリーター向けのより良い求人を紹介してくれる

フリーター向けの転職エージェントに登録すれば、「既卒歓迎」や「フリーター歓迎」などの求人を紹介してくれます。
通常の求人よりもフリーターに対して理解がある企業を紹介してくれるため、採用の確率は高まると言えるでしょう。

それに転職エージェントを使えば、インターネットで検索しても出てこない非公開求人を紹介してくれるかもしれません。

企業の中には大々的に求人募集をかけず、エージェントからの紹介だけで転職者を募っているケースも少なくありませんので、自分では見つけられないお宝求人に出会える確率は格段に上がります。

3.転職にかかる手間暇を削減できる

転職に必要な雑務をすべて一人で済ませようとすると、かなりの時間がかかります。
フリーターとしてアルバイトで生活費を賄っている人は、転職活動に膨大な時間をつぎ込むのが難しいかもしれません。

しかし転職エージェントを使えば、基本的な準備(書類作成や面接対策)以外は代行してくれます。
面接日の調整など行ってくれますので、自分ですべき雑務はかなり減るでしょう。
アルバイトとしての活動が忙しい人こそ、転職エージェントを活用すべきだと言えます。

フリーターは転職エージェントを使ったほうが良いのか?

フリーターは転職エージェントを使うべきか否かという問題については、ずばり「使うべき」でしょう。

ほとんどのエージェントは無料でサービスを利用できるため、金銭的な負担がかかることはありません。
無料でプロのアドバイスを直接受けられるのであれば、ぜひ積極的に利用すべきです。

ただ、担当者との相性もありますので、もし担当者と合わない場合は担当を変えてもらうか、エージェント自体を変える必要があります。

おわりに

転職活動を成功させる最短ルートは、やはり転職エージェントに頼ることだとおわかりいただけたのではないでしょうか。
フリーターでこれから就職したいと考えるのであれば、エージェントの担当者と協力しながら進めていく方法がおすすめです。
それにエージェントの担当者は、就活の相談に乗ってくれる相談役としての機能も果たしています。
何か不安なことがあればすぐに聞いてくれる、心強い存在となってくれるでしょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.