第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > 第二新卒が証券会社を目指すには?実務経験なしでも成功するためのチェックポイント

第二新卒が証券会社を目指すには?実務経験なしでも成功するためのチェックポイント

1

Pocket

第二新卒で証券会社への転職を狙いたいという人は少なくありません。

証券会社は仕事のノルマが厳しく、ほかの業界と比較して離職率が高い傾向にありますが、適正が合ってしっかり働くことができれば、高収入を得ることができる業界として知られています。この点は、証券会社に魅力を感じる理由のひとつですね。

そこで今回は、証券会社で働くメリットやデメリット、また内定を得るためにチェックしておきたい項目などについてまとめてみました。

証券会社の仕事内容

証券会社にはさまざまな業務がありますが、大きく分けると以下の3つの仕事が中心となります。

リテール業務

証券会社の仕事としてもっとも代表的なのが、「リテール業務」です。資産家や投資家といった人たちに、自社の金融商品を販売する営業を行います。

なお、「リーテル業務」は、就職や転職をした際、最初に携わることが多いです。

ホールセール業務

ホールセール業務とは、大きな企業や団体の株式などを引き受ける業務です。専門的な知識を必要とする仕事になります。

ディーラー業務

ディーラー業務は証券の売買を行い、利益を得る仕事です。

証券会社で働くメリットとデメリット

メリット

証券会社での仕事はかなりハードです。一方、ノルマを達成するなど結果を出すことによってインセンティブを得られ、収入に大きく反映される点は大きなメリットではないでしょうか。

仕事はハードだけれど収入が高いので納得して働いているという人も多いです。

また、企業の社長や投資家を相手に、何億もの金融商品の営業を行うのはとてもやりがいがあり、さまざまな人と仕事を通じてコミュニケーションを取ることで、勉強になることがたくさんあります。

さらに株価を勉強したり、経済の動向を常にチェックしたりすることで、自然と金融リテラシーを身につけることができるという点も、証券会社で働くメリットです。

デメリット

仕事にノルマが課せられることは避けられず、常に数字に追われているため、それがストレスになって退職してしまう人がとても多いのが証券会社です。この点が最大のデメリットだといえるでしょう。

また、営業業務以外の業務も多いため、残業が増えやすく、遅くまで仕事をしたり、休日も金融の勉強をしたりしなければならない、という点もデメリットだといえます。

2

第二新卒が証券会社への転職を成功させるには

第二新卒の採用は積極的だが倍率も高い

証券会社は離職率が高いため、第二新卒の募集も前向きに行っているようです。しかし、同じように第二新卒で証券会社への転職を目指している人も多いため、狭き門となります。

しかし、異業種からの転職という面でのリスクは少なく、実務経験がなくても採用される可能性が高いというメリットも。営業職の募集が大半だと思われるため、入社後に求められるさまざまなスキルに対してしっかり勉強し、能力を高めていく意欲を伝えることが大切です。

転職エージェントを活用する人も多い

証券会社は激務であったり、体育会系の運営を行っていたりする企業も多いです。ハードワークは耐えられるけれど、体育会系はちょっと…と思う人は、会社の運営体質などをきちんと理解した上で応募できるよう、転職エージェントを活用するとよいでしょう。

転職エージェントでは、企業の採用についてじっくり話を聞いた上で適正の高い人を紹介するので、自分で募集要項を見て応募するよりも、理想に近い企業に入社できる可能性が高いです。

次の転職では長くやりがいを持って働きたい、という人は、いくつかの転職エージェントに登録をしていろいろな話を聞いてみるとよいと思います。

チャンスはある!自分に合う会社を見つけて転職活動しよう

第二新卒の証券会社への転職は倍率が高いというリスクがありますが、異業種からの転職も受け入れているため転職できる可能性は十分あります。

企業体質や業務内容など、自分に合っている企業を入念にリサーチした上で転職活動に臨み、理想の転職を成功させましょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.