第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 【第二新卒転職】働かないとわからない!?転職前に社風を知る方法3つ

【第二新卒転職】働かないとわからない!?転職前に社風を知る方法3つ

Pocket

就職先を選ぶうえで、その企業の社風が自分に合うかどうかを基準に考える人は多いでしょう。
確かに自分の性格や価値観と合わない企業に入社してしまえば、ストレスが溜まる可能性は高いです。

今回は、これから第二新卒で転職を考える人が気になる「転職前に社風を知る3つの方法」についてお伝えします。
転職後に「こんなはずではなかった」とガッカリしないよう、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

社風の合わない企業に入ってしまうと一苦労

「社風が合っている」というのは、その会社で自分のパフォーマンスを最大限発揮するための要素として不可欠です。

たとえばひとりで黙々と作業をしたいタイプの人が、アットホームで会話の多い企業へ入社してしまえば作業効率は落ちてしまいます。
逆に、人とコミュニケーションを取ることにやりがいを感じるタイプの人が、個人プレー重視の会社へ入社すれば息が詰まってしまうでしょう。

より働きやすい環境で仕事をするためにも、自分の性格や価値観に合った社風の会社を転職先として選ぶことは重要です。
そのためにも、自分はいったいどんな社風の会社で働きたいのか、理想とする社風を明確にしておくようにしましょう。

社風を知る方法とは?

転職活動を成功させるためには、自分に合った社風の企業に入社することが大切ですが、とは言っても転職前にその企業の社風を知るのは難しいのが現実です。

企業ホームページや求人サイトには良いことしか書いておらず、その企業の本質が見えず不安に感じてしまうかもしれません。
ここでは、転職前になかなか見えにくい「会社の社風を知る3つの方法」についてお伝えします。

1.社歴の長さから判断する

社歴が社風を表すとは一概にも言えませんが、ある程度の相関関係はあると言っても間違いありません。

たとえば創業年数の浅い立ち上げ当初の会社であれば、これから会社をともに成長させる熱意のある人材を求めている可能性が高いです。
また創業してからすでに何十年も経っている老舗企業であれば、社内の人間関係をうまく築ける調整能力の高い人材を欲しているかもしれません。

これらの例が一概にも全て正しいとは言えませんが、社歴の長さからその会社がどんな雰囲気なのかを推測することはできます。

転職先の社風を知る上で、その会社の社歴をひとつの指標として参考にしても良いかもしれません。

2.SNSから情報収集する

転職を希望する会社のホームページを見ても、その会社の良いところしか明記されていないのがほとんどです。
しかし、転職希望者としては、その会社の良いところだけではなく実際どうなのか事実を知りたいものですよね。

そんな時は、SNSから情報を収集すると良いかもしれません。
最近ではFacebookやTwitter、インスタグラムなどSNSで独自のアカウントを運用している企業が多くなりました。

企業の公式ホームページと違い、それらのアカウントからは職場で働く人々の様子や雰囲気を知れるのが魅力と言えるでしょう。
社員の書いたブログや写真を通して、実際に自分が入社した際のイメージがわきやすくなるのがメリットです。
その会社の社風をより深く知りたい場合、SNSから情報を収集するのがおすすめです。

3.面接でこちらから質問して探る

最も手っ取り早い社風を知る方法が、面接の際に面接官に逆質問をすることです。

会社の社風を形作る要素の大部分が「人」だと言われます。
そのため面接官には、どんな人々が社員として勤務しているのか、その会社で働く人々の性格や気質を尋ねるのが効果的です。

また職場の雰囲気はどんな感じなのか、飲み会や交流会は多いのかなど。職場の雰囲気がわかる質問をすることで、自分がその職場へ溶け込めるのかを判断できます。

次に、社風を知る最も早い方法が、直接面接官に聞くことです。実際に転職する前に、しっかりと質問して不安要素は解消しておくようにしましょう。

自己分析をして自分にあった社風の企業を選ぼう

上記で紹介した3つの方法を使うことで、自分の社風に合わない会社を選ぶ可能性を極力下げられます。
転職希望先の会社の社風がいまいちわからない時は、ぜひこの方法を参考にしてください。

また、自分に合った会社を選ぶためにすべきなのが自己分析です。
転職先の会社の社風を見抜いたところで、それが自分に合っているのかどうか判断できなければ意味がありません。

そもそも自分がどんな会社に合っているのかを探し当てるためにも、本格的な転職活動を始める前に自己分析を済ませておくようにしましょう。

おわりに

第二新卒でこれから転職をする人にとって、社風の合った会社に出会えるかどうかは重要なポイントです。
次の職場では自分の強みを生かせる、自分の適性や性格に合った会社へ入社できるよう転職前のリサーチは怠らないようにしておくと良いでしょう。

これから未来のある第二新卒を求める会社は多くあります。
新卒で入社した会社での経験を踏まえ、会社選びの軸をしっかりもって転職活動へ臨むようしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.