第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > ちゃんと理解している?総合職・一般職・専門職の違いとは?

ちゃんと理解している?総合職・一般職・専門職の違いとは?

Pocket

総合職、一般職、そして専門職。
転職を視野に入れている皆様は、それぞれの職種の違いを知っていますか?

特に、新卒で入社した会社しか知らない第二新卒は、それぞれの職種の違いをよく理解していないかもしれません。

自分に合った働き方を模索する上で、それぞれの職種の違いを知ることは非常に重要となりますので、今回は、この3つの職種の違いとそれぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

求人でよく見かける3つの職種

それではまず、それぞれ3つの職種の特徴についてご紹介します。

転職先では、自分の資質や理想のライフスタイルにマッチした職種を選ぶ必要があります。どの職種が自分に最も合っているのか、ぜひ考えてみてください。

総合職とは?

総合職とは、将来的に企業の中核を担う人材が配置される職種です。

単純作業を任されることは少なく、主に経営や企画立案など企業の根幹を支える業務を任されることになります。
そのため、一般職と比べて責任が重い業務を担当することが多いです。

総合職といえば以前は転勤や異動など会社の都合に振り回されることが多々ありましたが、最近では「地域総合職」という、通常の総合職よりも転職や異動の少ない職種も現れるようになりました。
これにより、家庭を重視したい人であっても総合職として働ける選択肢が広まったと言えるでしょう。

将来的に会社の幹部候補になるのが期待される総合職は、今後どんどん出世したいと考える人に向いている職種だと言えます。

一般職とは?

一方、一般職は総合職の補佐的な位置づけとして人員配置されることが多いです。
データ入力や事務補佐など、総合職が経営の根幹に関わる業務に携わる傍ら、サポート的な役割を果たします。

やりがいという面では総合職に劣るかもしれませんが、総合職の抱えるノルマや成績のプレッシャーは少ない環境で働きたい人におすすめの働き方です。

基本的に幅広い業務を任されることは少なく、ルーティンワークの事務仕事が多い傾向にあります。
残業も少ないため、会社と家庭を両立したい方は一般職として勤務するのも良いかもしれません。

専門職とは?

特定の資格を取得しないと従事できないのが専門職で、その特定の資格とは主に国家資格のことを指します。
この専門職には、医師、獣医師、歯科医、弁護士、税理士、公認会計士など多くの職業が挙げられます。

これらの職業に就くためには四年制の大学に通う必要があったり、試験を突破する必要があったりと、条件を満たしていない場合は応募すらできない業務が大半です。

誰でもなれる職種というわけではありませんので、給料は高額になるケースもあります。

「絶対にこの仕事に就きたい」という強い想いがあるのであれば、専門の資格を取得するために時間とお金を投資する覚悟を持っておくと良いでしょう。

それぞれ3つの職種のメリット・デメリット

上記で3つの職種の特徴について説明しましたが、それぞれにもメリットとデメリットは存在します。

たとえば総合職であれば、一般職と比べて給与は高いものの、会社の都合で転勤しなければいけない可能性は高くなります。
また残業時間も長くなる傾向にあり、プライベートが疎かになってしまう恐れがあります。

対して一般職は、仕事とプライベートの両立がしやすい一方で給与は総合職よりも低い傾向にあり、将来的に出世を望むのは難しいでしょう。
総合職から一般職への転向は簡単ですが、その逆は難しいためその点よく注意してキャリアを選択すべきだと言えます。

最後に専門職ですが、一見一番安定した働き方だと思いきや、一度その道でキャリアを選択すれば他の道へ変更しづらいというデメリットを抱えています。
いざ他の職種で勤務しようと思っても、融通が利きづらいという事実は覚えておく必要があります。

それぞれの職種のメリットとデメリットを理解し、自分がどのようなキャリアを歩みたいのかを考慮して職種を選択するようにしましょう。

自分にあった職種を選びましょう

第二新卒で職種をチェンジしようと考えている場合、未経験職種に挑戦するのは勇気がいるかもしれません。

第二新卒の転職で選んだ職種のまま一生働き続けなければいけないわけではありませんが、それでも今後の社会人人生に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

職種を選ぶ際は、自分がどんな人生を歩みたいのかに照らし合わせて選ぶべきです。
将来は会社の幹部としてバリバリ働きたいのか、それとも家庭と仕事を両立しながら働きたいのか。はたまた専門職として、1つの業務を極める生き方をしたいのか。

どの職種にしようか迷ったときは、原点に戻って「自分がどんな人生を歩みたいのか」を考えてみると、どの職種を選ぶべきかが見えてくるかもしれません。

まとめ

総合職、一般職、専門職の違いを理解することで、転職活動の際に自分のキャリアプランにマッチした職種を選択できます。

また、職種を選ぶ際はキャリアプランだけではなく、どんな人生を送りたいかという「ライフプラン」も意識すると良いでしょう。
転職で職種を変えようと考えている第二新卒は、これを機に自分の理想の生活を突き詰めて考えてみると、今後の転職活動にも役立つはずです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.