第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 大学中退から正社員として就職する為の面接対策や就活の方法、おすすめの就職先のまとめ

大学中退から正社員として就職する為の面接対策や就活の方法、おすすめの就職先のまとめ

Pocket

「大学中退の経歴で、果たして正社員で採用されるのだろうか…。」そのような不安な気持ちを抱えてしまう人も多いはず。
確かに、大学中退者は通常通り大学を卒業した新卒と比べ、応募できる企業の求人は限定的です。

しかし、絶対に正社員として就職できないわけではありませんので安心してください。
今回は、大学中退から正社員として就職する為の流れや、就活のコツをお伝えさせて頂きます。

大学中退者はどうして不利か。中退者の現状

大学中退者も正社員として採用されることは可能ですが、大学を卒業する新卒の学生と比べるとどうしても就活において不利になってしまうのが現状です。

そもそも大学を中退したということは、経歴でいえば高卒にあたります。
そのため、企業の応募条件が「大学卒業以上」となっている場合、その企業を受験することは不可能です。

その他、大学中退者が就活において不利な理由は、企業から定着性について不安を持たれる点といえるでしょう。
致し方ない理由で大学を辞めたのだとしても、企業から「大学だけでなく、会社に入社してもすぐ辞めてしまうのでは?」と思われてしまう可能性が高いです。

つまり大学中退者が就活に不利な理由は、この「応募できる求人の少なさ」と「定着性に不安を持たれてしまう可能性」の2点だと言えるでしょう。

中退者が正社員になる為の流れ

大学を中退してしまえば、大学からの就職支援などを受けることができないため一人で就活を始めなければいけません。
その場合、何から手をつければ良いのかわからず戸惑ってしまうのではないでしょうか。

ここではまず、中退者が正社員になるための基本的な流れをお伝えします。

1. 求人探し

まずは、求人を探しましょう。求人を探す方法は様々ですが、中退者に特におすすめなのがハローワークです。
多くの新卒の学生はハローワークを利用しないため、新卒の学生たちと競合しなくて済むのがメリットだと言えます。

ハローワークでは、就活に対する悩みや不安を相談できるのが大きなメリットです。就活について何か相談があるならば、ハローワークの担当者を積極的に利用しましょう。

またハローワーク以外でおすすめの求人探しの方法には、求人サイトを理由する方法があります。
求人数の多い大手求人サイトを使えば、その中から「中退者応募可」の求人を見つけることも可能です。ぜひ利用してみてください。

2. 書類選考

応募する企業が決まれば、書類選考に臨むことになります。
書類選考は履歴書と職務経歴書の2つが通常ですが、正社員として働いた経験のない中退者は履歴書のみのパターンが多いようです。
この書類選考はとても重要ですので、ここでふるい落とされないように力を入れて記入してください。

履歴書を書く際のポイントとしては、この段階で中退の理由に触れておくことが大切になります。
中退の理由で嘘をつくのは良くありませんが、あまりネガティブにとらえられないよう書くことが重要です。

その他、何か資格を取得している、アルバイトで活躍しているなどアピールポイントがあるようであれば積極的に記入しましょう。

3. 面接

面接では、中退の理由をいかに上手く伝えるかが重要。面接現場では絶対に中退理由を聞かれますので、あらかじめ答えを用意し回答方法をシミュレーションおきましょう。

中退理由の他には志望動機と自己PRについても考えておくべきでしょう。ここは企業が最も気にするポイントですので、自信をもって答えられるよう準備をしておくことが大切です。

あとは基本的なところでいうと、声のトーンやマナーに気を付けるようにしましょう。それだけで印象はかなり変わります。

面接は本番までの練習期間でほとんど決まると言っても過言ではありません。あらかじめ回答を用意し、当日はスラスラと答えられるよう心がけてください。

中退者が正社員になる為のポイント

中退者が正社員になるためのポイントは2つあり、まず1つ目は目的意識をもって就活に臨むことです。
ただ何の目的もなく、闇雲に求人を探して応募するだけではなかなか正社員として採用されることは難しいでしょう。
たとえ入社できたとしても、入社前の想像と違うといったミスマッチが起きて、早期離職してしまうことになるかもしれません。
自分はどんな仕事をしたくて、その仕事を通して何を成し遂げたいのかを自分自身に問いただすことが大切です。

もう1つが、とにかくその企業に対する熱意を訴えかけることです。そのためにも、業界研究や会社研究は欠かせません。
どうしてもその企業で働きたいという想いが伝わるよう、下調べは入念にしておくようにしましょう。

おわりに

中退者の就職は、新卒と比べ困難を極めることが予想されます。
求人の数と種類が限定的になるため、希望の企業に出会うまで少し時間がかかってしまうかもしれません。
ただ、ひたむきに就活を続けていれば、必ず相性の良い企業に巡り合えます。
就活で失敗が続くと「本当に正社員として採用されるのだろうか」と不安になってしまうかもしれませんが、諦めずに頑張ってほしいと思います。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.