第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 働きながら?辞めてから?第二新卒の転職活動期間とは?

働きながら?辞めてから?第二新卒の転職活動期間とは?

Pocket

転職を視野に入れる時に悩むのが、現在の職場で働きながら転職活動をするのか、それとも辞めて腰を据えて取り組むべきなのかという問題ですよね。

各々の置かれた状況によりこの回答は変わるため、一概にも「こうすべきだ」と決めるのは難しいです。

自分がどのような形で転職活動をすべきなのか見極めるためにも、今回の記事では転職活動にかかる時間、そして在籍しながらの転職活動と退職してからの転職活動のメリット・デメリットをお伝えします。

転職活動にかかる時間はどのくらい?

転職活動にかかる時間は、1ヶ月から3ヶ月程度が一般的です。
ただ、現職での勤務状況や応募先企業の事情によってその期間は変わります。

たとえば退職後に転職活動をする場合であれば、自分の時間をすべて転職活動にあてられるため、面接の日程調整などスムーズにいき転職活動にかかる時間は短くなるでしょう。

しかし現職に在籍したまま転職活動をする場合は、面接のスケジュール調整が上手くいかず転職活動が長期化する傾向があります。

その他、応募先企業の事情によっても選考のスピードは変わります。
転職活動にかかる期間は個々の状況や応募先企業の事情にもよるため、余裕を持って準備を始めると良いでしょう。

在籍しながらの転職活動

在籍しながらの転職活動のメリットといえば、資金に不安がないことに尽きます。

転職活動をするのにも、交通費やスーツのクリーニング代など何かと費用はかかります。
資金面が不安なため、一先ず今の企業に在籍したまま転職活動をしようと考える人も多いのではないでしょうか。

特に第二新卒で転職を考える人は、まだ生活に余裕が持てるほど貯金が貯まっていないケースが多いです。
貯金に余裕のない第二新卒にとって、在籍しながらの転職活動は金銭的にも精神的にも安定した状態でいられるのがメリットだと言えるでしょう。

一方デメリットとして挙げられるのが、面接のスケジュール調整ができず転職活動が長期化する傾向があるということです。

やはり現職での勤務と並行しつつの転職活動は、心身ともに負担が大きく、また面接の日に急遽現職の打ち合わせが入るなど、なかなか思うように転職活動が進まないケースも多々あります。
在籍しながらの転職活動は金銭面と精神面で余裕が持てる一方、転職活動が思い通りに進まない可能性が高いのが特徴です。

退職してからの転職活動

一方、退職してからの転職活動のメリットは、腰を据えて転職活動に取り組めることだと言え、自分の時間をフルに転職活動にあてられるため、在籍しつつの場合より期間が短くなるケースが多くあります。

また、前職を辞めた理由がストレスによるものだとすれば、そのストレスから解放され穏やかな気持ちで転職活動に臨めます。
長時間勤務や上司からのパワハラなどで悩んでいる人は、まずは退職し精神状態を安定させてから転職活動を始めると良いかもしれません。

一方、デメリットとして挙げられるのが、収入が途絶えてしまうことです。
入社して1年未満で会社を退職すると、失業手当がもらえないケースが大半ですので、いきなり固定収入が途絶え不安を感じることになるかもしれません。

貯金が少ない、親の援助がもらえないなど資金面が厳しい人は、一先ず在籍しながら転職活動を始めることをおすすめします。

第二新卒が転職しやすい時期とは?

では実際に、第二新卒にとって転職しやすい時期はあるのかをここではお伝えします。

この時期を狙えば絶対に転職が成功するというわけではありませんが、これから転職活動をする第二新卒の方は目安にして頂ければと思います。

1.1年目での転職は辞めたほうが良い

入社年数の短い1年目での転職は、まず避けたほうが良いでしょう。
少しだけ耐えて、最低でも2年目にさしかかる頃までは勤務することをおすすめします。

転職希望先の企業からしても「たったの1年も働けなかったのだから、転職してからもすぐに辞めてしまうのでは?」と心配するのは当然です。

1年未満での早期離職の経歴を快く思わない企業は多いのが一般的ですので、転職希望先の企業から、継続力に不安を持たれないよう最低でも2年目までは現職で働くのが良いでしょう。

2.新卒が入社する4月に向けて

第二新卒は新卒とは異なりますが、企業によっては新卒とほぼ同じ扱いで採用したいと考えているところも少なくありません。
そのため、大半の新卒が入社するであろう4月入社に向けた転職活動は最も転職しやすい時期だと言えるでしょう。

また4月は新卒の入社の他に、人事異動や定年退職など人の入れ替わりが多い時期です。
この時期は人員を補充したいと考える企業が多いため、4月入社に向けた転職活動は比較的狙い目な時期だと言えます。

おわりに

第二新卒の転職は、活動期間や時期など見定めながら進めていくのが重要です。
現職を退職してしまった後に転職活動を始めても、なかなか理想の企業に出会えず転職活動が長期化する可能性もあります。
自分の状況に合った、最善の転職活動のスタイルを選択するようにしましょう。

第二新卒での転職は今や珍しくなく、社会人経験のある若手を求めている企業は多くあります。
より良い転職活動ができるよう、ぜひ準備をしっかりしてから転職活動に臨むようにしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.