第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 筆記試験も怖くない!一般常識テストを突破するための勉強法3選

筆記試験も怖くない!一般常識テストを突破するための勉強法3選

Pocket

新卒の就活の際に、死にものぐるいで筆記試験の対策をした人は多いのではないでしょうか。
あの大変だった筆記試験対策を、転職の際にまた繰り返すのかと思うと嫌気が差してしまいますよね。

しかし、そんな筆記試験も勉強法のコツさえつかめば何も怖くありません。
効率の良い勉強法を学び、難なく筆記試験を突破できるような対策をしましょう。

今回は、転職活動を控えた第二新卒に向けて「一般常識テストを突破するための勉強法」を3つご紹介します。

第二新卒転職での筆記試験とは?

第二新卒における筆記試験は、一般常識テスト、適性診断、論文の3種類であることが一般的でしょう。
全ての企業に当てはまるわけではありませんが、選考の過程でこれらの試験を用いる企業は多くあります。

ここではまず、この3つの試験とはどういったものなのかを説明します。

1. 一般常識テスト

一般常識テストとは、その名の通り社会人として一般常識が備わっているかどうかを確認する試験で、国語、数学、英語、社会、理科などの一般的な教養科目から出題されます。

中学レベルの計算問題から時事ニュースまで、様々なレベルの問題が出題されるのが特徴です。
それぞれの企業によって試験内容は異なりますが、新卒の就活時と比べて難易度は高くなる傾向にあります。対策に最も時間がかかる試験だと言えるでしょう。

2. 適性診断

適性診断とは、転職希望者がどんな性格でどんな働き方をする人なのかを調査する試験です。
適性診断の中でもSPIと呼ばれる試験を導入している企業が多く、SPI試験では性格だけではなく受験者の能力も計測することが可能だと考えられています。

このSPI試験の形式は特に決まっておらず、マークシートや自由回答方式など形式は様々ですが、転職希望者本人を、性格や能力などあらゆる角度から診断する試験です。

3.論文

採用活動の選考で論文試験を求める企業は少ないですが、出版社や新聞社のような高い文章力と思考力を求める業界では論文試験を取り入れているケースが多いです。

論文試験は、付け焼き刃で対応しようとしてもどうにもなりません。
常日頃から物事を深く考えるよう意識し、自分の意見を言語化する練習をしておきましょう。

一般常識テストの勉強法3選

上記で紹介した3つの試験の中で、多くの企業が取り入れていて尚且つ対策に時間がかかるのが一般常識テストです。
一般常識テストで応募先企業が求める点数を超えることができなければ、面接に進むことはほぼ不可能だと言えます。

そんな一般常識テストを突破するための勉強法のコツを、ここでは3つ紹介します。
一般常識テストに不安を抱える第二新卒は、今からお伝えする3つを意識して勉強するようにしてください。

1. 毎日のニュースは欠かさずチェックする

一般常識テストでは時事問題について問われることが多いため、常日頃からニュースをチェックしておくようにしましょう。

忙しくてじっくりとニュースを確認できない人は、トップニュースや一面だけでも構いません。
たとえ時事問題が出題されなかったとしても、一般常識テストでは「最近話題のニュースについて意見を述べろ」という設問が出題される可能性があります。

面接でも気になるニュースについて聞かれる可能性は高いですし、社会人が持っておく常識としてニュースを日頃から確認しておくというのは重要な行為だと言えます。

2. 数学に重点を置いて問題演習する

中学や高校を卒業してから数学の公式に触れる機会は少なく、昔は解けていた問題が今はすっかり解けなくなっているなんてこともあるかもしれません。

数学であれば数字を公式に当てはめるだけで簡単に解ける問題も多く、ポイントさえ押さえておけば点数を取るのは難しくありません。

演習を繰り返せば繰り返すほど点数は伸びますし、筆記試験突破の鍵となるのは数学だと言っても過言ではないでしょう。

一般常識テストを突破するためには、数学に力をいれて勉強する方法がおすすめです。

3. とにかくテキストを繰り返し問題を解く

一般常識テストを突破するためのコツは山ほどありますが、最も大切なことはとにかく問題を繰り返し解くことです。

学校を卒業し社会人として働き出すと、テキストを利用し勉強をする機会はめったにありません。
一般常識テストを突破するための第一段階として、まずは座学で勉強をする癖をつけるのが重要だと言えるでしょう。

それに、何度も問題を繰り返し解くことで徐々に出題傾向がつかめるようになります。
どんな問題が出題されるのか予測を立てるためにも、ある程度の問題量を演習するのが大切です。

問題集は何冊も購入する必要ありませんので、1冊の問題集を完璧に解けるようになるまで繰り返すと良いでしょう。

おわりに

どんなに能力や人柄が優れていても、筆記試験を突破できなければ面接まで辿り着くことは不可能です。
第一関門である筆記試験を突破するためにも、一般常識テストの対策はしっかりとしておきましょう。

一般常識テストで点数を稼ぐのは、特段難しいことではありません。
今回お伝えした勉強方法のコツを参考に、転職を希望する企業へ入社できるよう万全の準備をしておくのが大切です。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.