第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 辞めなければよかった!?第二新卒が転職に失敗するパターン3選

辞めなければよかった!?第二新卒が転職に失敗するパターン3選

Pocket

新卒で入社してから1~2年、この頃の若手社員は将来のキャリアを見据えて転職を考える人が増えてきます。
特に会社に対する不満が強い社員ほど、今すぐにでも退職したいと考えるかもしれません。

ただ一度立ち止まってよく考えて欲しいのが、果たして今の会社を退職しても本当に後悔しないかということです。
転職に失敗したとしても、元の職場に戻れる保障はどこにもありません。

そこで今回は、「第二新卒が転職に失敗するパターン」をご紹介します。

見切り発車で現職の退職を検討している人は、この記事を読んで今後のキャリアについてよく考えて頂ければと思います。

第二新卒とは

一般的に第二新卒とは、「新卒で入社してから3年未満の人材」を指します。
年齢でいうと26歳程度までが対象になりますが、大学院を卒業した人、留年・浪人により26歳を超えた人であっても、学校を卒業してから3年未満であれば第二新卒と呼べるようです。

第二新卒は、学校を卒業してからブランクなく就職した「新卒」と、社会人経験豊富な「中途」の中間に位置します。
社会人経験がありながらも若くてフレッシュな第二新卒を求める企業も多く、ここ最近では第二新卒に特化した転職エージェントも増えつつあります。

第二新卒からの転職失敗パターン3選

数年前と比べて現在は、第二新卒での転職は珍しくはなくなりました。
とはいえ誰でも簡単に転職活動が成功するというわけではありませんので、きちんとした準備をしなければ失敗してしまう可能性も高いです。

そこでここでは、第二新卒での転職が失敗するパターンを3つお伝えします。

1.転職理由がネガティブ

第二新卒が転職に失敗する代表例が、面接でネガティブな転職理由を話してしまうパターンです。
たとえば転職理由が、前職で人間関係が上手くいかなかった、業務内容に不満があった、社風が合わなかったなど。
ネガティブな理由で転職を決意するのは仕方がないことですが、面接の際にすべてを素直に話す必要はありません。

ネガティブな転職理由を答えてしまうと、面接官からは「うちに入社しても、不満があればすぐに辞めてしまうのではないか?」と危惧されてしまうでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、面接の際には何かポジティブな理由を話すほうがより印象は良く映ります。

2.志望動機が物足りない

企業が面接の際に最も気になるのが、応募者の志望動機です。ここが物足りない回答だと、内定を得ることは難しいでしょう。

社会人経験のない新卒の学生であれば、少しくらい見当外れな志望動機を話しても面接官は大目にみてくれます。
しかしすでに社会人経験のある第二新卒であれば、内容の濃い志望動機を話さなければ「考え方が浅はかな人だな」と面接官から呆れられてしまうでしょう。

志望動機がぼやっとしていると、今度のキャリアを真剣に考えていない当事者意識の薄い人に見えてしまいます。
面接官からそのように見られないためにも、中身のある志望動機を準備しましょう。

3.転職活動にかかる期間を甘く見積もりすぎた

転職活動にかかる期間を甘く見積もると、なかなか内定が得られない現実に焦りを覚え、自分の理想とはかけ離れた会社に妥協して転職してしまう可能性が高まります。

一般的に、転職活動にかかる期間は3ヶ月程度が目安です。
ただ期間は人により個人差がありますので、それよりも転職活動が長引く可能性も十分にあるでしょう。

予想外に転職活動が上手くいかないと、普通は焦ってしまうもの。そこで焦燥感に負けてしまうと、「どこでも良いから内定をもらったところに入社しよう」と考え、希望度の低い会社に入社することになってしまうのです。

安定した精神状態で転職活動をするためにも、転職活動の期間はあらかじめ長めに見積もっておくことをおすすめします。

第二新卒からの転職に失敗しないためには?

第二新卒が転職活動を失敗しないためには、一人で悩みを抱え込まないことがポイントです。
転職にまつわる疑問点や不明点は、転職業界に詳しいプロに聞きましょう。

そこで利用すべきなのが、第二新卒に特化した転職エージェントです。
第二新卒に特化したエージェントでは、積極的に第二新卒を募集している企業の求人を紹介してくれます。

マイナビやリクナビなど大手のエージェントを使うのも悪くはないですが、第二新卒特化エージェントのほうが、第二新卒ならではの悩みや葛藤を理解してくれるでしょう。

転職活動は、一人孤独に悩んでいても上手くはいきません。エージェントから的確なアドバイスをもらうことで、内定までの道のりが短くなるはずです。

まとめ

第二新卒で転職を考える人は、すぐに今の会社を辞めるのではなく、まずは自分にあった会社はないか求人探しをするところから始めましょう。

見切り発車で会社を退職してしまえば「辞めなければよかった!」と後悔しても、もう元の職場には戻れません。
戻れたとしても、居心地の良い環境で働くのは難しいでしょう。

もしすでに会社を退職してしまったのであれば、一人で悩まずに第二新卒に特化したエージェントへ登録することをおすすめします。
きっと、これからの転職活動をサポートしてくれる心強い味方ができるはずです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.