第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > 第二新卒が外資系企業へ転職するために!企業が求めているポイントまとめ

第二新卒が外資系企業へ転職するために!企業が求めているポイントまとめ

1

Pocket

第二新卒の転職において、外資系企業は売り手市場だといわれています。

即戦力を求める傾向にある外資系企業では、社会人経験がある第二新卒のほうが新卒よりも実務につくのが早いという点にメリットを感じ、また年齢的に若くて体力があることから、第二新卒の積極採用を行っているケースが多いです。

一方、日本の企業と採用の基準が異なる面が多いため、外資系企業に合わせた面接対策が大切になります。そこで今回は、第二新卒が外資系企業への転職を成功させるために抑えておきたいポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

外資系企業は転職がリスクになりにくい点がメリット

日本企業の場合、2〜3年など短いスパンでの転職はネガティブに捉えられてしまいがちですが、外資系企業の場合、転職はキャリアアップのチャンスと考えるのが一般的です。そのため、第二新卒で前職の在籍期間が短い人でも、リスクとなりにくいというメリットがあります。

しかし、外資系企業は日本企業よりも心身ともにタフな人材が求められる傾向にあり、募集職種に関する経験を強く求められる上に、日本企業と比較して高い英語力も必要です。

つまり、転職におけるリスクが低いものの、実務能力と幅広い面で高いスキルが求められます。

外資系企業における選考の流れと抑えるべきポイント

選考の流れについては日本企業と大きな差はなく、エントリーシートを提出した上で筆記試験を行い、集団面接やグループディスカッションを経て、個人面接を行います。

筆記試験はレベルが高い

外資系企業には多くの優秀な人材が応募するため、筆記試験やWeb試験はレベルが高いといわれています。個人面接で甲乙つけがたかった場合、筆記試験の結果を比較されることもあるため、試験対策をしっかり行うことはとても重要です。

選考のポイント、「ジョブ」とは?

「ジョブ」は外資系企業の選考に組み込まれていることの多い方法です。業種や会社によって内容はさまざまで、グループディスカッションをする、実際にプレゼンをするなどして、選考を行います。

2

業種別・外資系企業が求める人材

業種を問わず、外資系企業では必ず高い英語力やコミュニケーション能力が求められます。その他にも、業種ごとに重要視されるさまざまな要素がありますので、自分のスキルと照らし合わせてみましょう。

金融機関

外資系の金融機関で求められる要素には、まず「高学歴であること」が挙げられます。
その他、これは日本企業も同様ですが、外資系企業の場合は「とにかく数字に強いこと」が求められます。

コンサルティング会社

外資系のコンサルティング会社でも、高学歴であることが求められる傾向にあります。理由としては、コンサルタント自身が企業の商品として前面に出ることになるので、優秀であるというアピールをしやすい要素が重要視されるためです。

さらに、高いコミュニケーション能力があること、またリーダーシップに長けていることも、コンサルティング会社では採用に大きく影響するでしょう。

外資系メーカー

外資系のメーカーでは、その仕事内容に応じた国家資格などを持っていると採用につながりやすいようです。

金融機関やコンサルティング会社と比較すると、必ずしも高学歴である必要はないようですが、会社を成長させるような付加価値があるか、またその企業をいかに理解しているかという点が、採用を大きく左右します。

応募する業種に合わせたスキルアップが重要

外資系企業では、求められるスキルが高いので難易度も高いように感じますが、求められているものがはっきりしているため、それらを満たせば採用につながりやすいともいえます。

面接では突然英語で質問されることもあるようですので、まずは英語力をしっかり身につけておきましょう。さらに心身を鍛え、企業が求める要素を満たすことを心がければ、転職を成功させる可能性を高めることができるはずです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.