第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > 外資系で働きたい!第二新卒で外資系企業に転職するために必要なのはこれ!

外資系で働きたい!第二新卒で外資系企業に転職するために必要なのはこれ!

Pocket

グローバル化が加速する日本で、就職先の候補として外資系企業を選択肢に入れる新卒の数が増えつつあります。

しかし即戦力を求める外資系企業では、新卒での入社を不可とする企業が多いのが現状です。そのため新卒での入社は諦め、第二新卒からの転職を狙う人も少なくありません。

もし第二新卒でこれからグローバルに活躍できる企業へ転職したいと考えているのであれば、外資系企業への転職を視野に入れてはいかがでしょうか。
外資系企業での勤務経験は、今後のキャリアに役立つこと間違いないでしょう。

今回は、そんな外資系企業に興味のある第二新卒に向けて転職のポイントをお伝えします。

第二新卒で外資系に転職できる?

外資系企業の多くは、入社後すぐに活躍してくれる即戦力を欲しています。そのため基本的には、社会人経験の長い経験者を採用する傾向にあると言えるでしょう。

しかし、だからといって第二新卒が外資系企業に転職できないわけではありません。
たとえ年齢が若くても、優秀で今後の活躍に期待できる人材であれば積極的に採用したいと考えるのが外資系企業なので、実務能力と英語スキルが高いのであれば、外資系企業への転職は十分可能です。

新卒での入社が叶わなかった企業であっても、社会人経験を積んだ第二新卒の転職では入社できるパターンもあります。
つまり年齢や勤続年数の短さを負い目に、外資系企業への転職を諦める必要はないと言えるでしょう。

第二新卒を採用している外資系企業の特徴

第二新卒でも外資系企業への転職は十分可能ですが、どこの企業でも積極的に第二新卒を採用しているわけではありません。やはり、経験年数や年齢にこだわる企業も存在します。

そのため、あらかじめ第二新卒を積極的に採用している外資系企業の特徴を知っておく必要があると言えます。

ここではその特徴について2つお伝えしますので、外資系企業の求人を探す際はぜひ参考にしてください。

1.立ち上げ当初で人員募集をしている企業

本国から日本へ進出してきたばかりで、人員が圧倒的に足りない企業である場合、これから日本で会社を成長させてくれるバイタリティー溢れる若者を募集している可能性が高いです。

日本に進出してきたばかりの外資系企業は、本国では一流企業だと言われるにもかかわらず日本ではまだ知名度が低いケースが多いのが特徴なので、募集人数に対して応募者が少なく狙い目だと言えます。

実務経験ゼロでビジネスマナーを理解していない新卒よりも、社会人経験がありつつも若くてフレッシュな第二新卒は外資系企業にとって魅力的な人材です。
こういったベンチャー気質の強い外資系企業であれば、第二新卒が採用される確率は高いです。

2.すでに日本での基盤を築き上げている安定した企業

先ほどお伝えした「立ち上げ当初で人員募集をしている企業」とは逆説的な話になりますが、何十年も前から日本で事業を展開している外資系企業も狙い目です。

こういったすでに安定している企業は、社内の仕組みが整っていて若手を採用する余裕があります。そのため、第二新卒でも入社できる確率は高いと言えるでしょう。

ただそういった知名度の高い企業の場合、第二新卒だけでなく新卒や中途も積極的に採用しているためライバルは多くなることが予想されます。

安定性や知名度の高い外資系企業は第二新卒であっても採用をしていますが、他の応募者に負けないくらいの輝く何かがなければ入社は難しいというのは覚えておくと良いかもしれません。

外資系で働くための英語力は?

外資系企業に入社を考えるのであれば、英語力は必須です。
どのレベルの英語力を求めるかは会社ごとに変わってきますので、応募先企業の募集要項をよく確認するようにしましょう。

ただ外資系企業では実務で英語を使う機会が圧倒的に多いため、単純にTOEICの点数が高ければ問題ないというわけではありません。
ビジネスの現場で使える、契約書を読み解く力や交渉力を高めておくことが重要です。

実際の転職活動の現場では、履歴書や職務経歴書は英語で提出が必須、面接も英語で行われることがほとんどです。

英語を使ってコミュニケーションがとれるのは当たり前の条件ですので、転職先を探す際は自分の英語力と照らし合わせて考えると良いかもしれません。

外資系企業が求める人材とは?

外資系企業が求める人材の特徴は2つあります。

1つ目が、論理的に物事を考え行動できる人材であることです。
調和や人間関係に重きを置く日系企業と比べ、外資系企業はそれよりも数字に対するこだわりが強いのが特徴。
目標に対して自分で仮説を立て、それに対して逆算をして行動できる人材が求められます。

そして2つ目の特徴が、自分の意見を物怖じせずに発言できる人材であることです。
相手の顔色を窺うのではなく、自分の意見を、自信を持って発言できる人材は外資系企業に好まれます。
日本人の国民性の真逆とも言えるこの性質ですが、もしこういった気質が自分に備わっている自覚があるのであれば、外資系企業で力を発揮できる可能性が高いかもしれません。

おわりに

狭き門と言われる外資系企業への入社も、応募する会社によっては採用の難易度が下がります。
日本にいながらも実務経験と英語力の向上が狙える外資系企業は、今後のキャリアに必ず良い影響をもたらすはずです。

第二新卒の若いうちからグローバルな環境に身を置くことで、日系企業とはまた違った形の成長ができるでしょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.