第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 仕事を辞めたい!第二新卒転職orフリーランスのメリットとデメリット

仕事を辞めたい!第二新卒転職orフリーランスのメリットとデメリット

Pocket

入社してから3年未満だけど仕事を辞めたい!と感じたとき、あなたはどんな選択肢を考えますか?大多数の人は「転職」という選択肢が頭をよぎることでしょう。

ただ、ここ数年で注目され始めた「フリーランス」という働き方にも目を向けて頂きたいところ。
今回は、第二新卒が転職をした場合と独立をした場合の、メリットとデメリットを紹介します。

転職と独立という選択肢

生涯ひとつの会社で定年まで勤め上げるのが普通だった昔と比べ、現在は非常に転職しやすくなったと言えます。
第二新卒のような、入社年次の浅い若手社員が転職するのも珍しくありません。
リクルートやマイナビなど大手転職エージェントの活躍が目立つようになり、転職市場の現場は活発化していると言えるでしょう。

若手社員の転職と同時に、最近増えつつあるのがフリーランスという働き方。
会社や組織に属さず、独立して自分の力で生きていく選択をする人も増えました。
これは、日本でも多様な生き方が認められてきている兆候だと言えるのではないでしょうか。
転職ほどではありませんが、第二新卒で独立する若者も一定数存在します。

第二新卒での転職と独立のメリット・デメリット

第二新卒で転職するのも独立するのも、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
自分が後悔しない選択をするのが結局は大切ですが、あらかじめ転職と独立両方の特徴を知っておくことは大切です。
ここでは、第二新卒での転職と独立のメリット・デメリットをお伝えします。

転職するメリットは第二新卒需要の高まり

現在、第二新卒を積極的に採用したいと考える企業は多く、企業において第二新卒の需要が高まっていると言えます。
そのため、新卒の時には入社が叶わなかった大企業や一流企業に入社することも場合によっては可能となりました。

企業側が第二新卒を採用したい理由は複数ありますが、まずそのひとつとして考えられるのは研修コストがかからないという点。
正社員として働いた経験が無い新卒入社の社員は、そもそも基本的なビジネスマナーを理解していないため、実際の業務に入る前にビジネスの基礎的な教育を受ける必要があります。
これは企業側にとってかなりの手間ですが、今後自社で活躍してもらうためには仕方が無い投資なのです。

それに比べ第二新卒は、すでに基本的な教育は受けているため即戦力としてすぐに勤務に入ることができます。これは大きなコストカットに繫がるでしょう。
また、即戦力として働けるにもかかわらず年齢が若く柔軟性のある第二新卒は企業にとって魅力的に映ります。

独立するメリットは時間的な縛りがないこと

一方、独立するメリットは自分自身で時間をコントロールできること。会社と違い個人で仕事をするため、全てを自分自身で管理することができます。
朝早く起きる必要もありませんし、体調が悪ければ丸一日休むこともできます。この自由な働き方に憧れて独立する人も多いのではないでしょうか。

上司に時間を管理されることもないため、ストレスが溜まりにくいというのもメリットとして挙げられます。
独立して仕事が軌道に乗れば業務量を調整することもでき、さらに時間をコントロールしやすくなります。
時間に縛られないことは、フリーランスが持つメリットのひとつだと言えるでしょう。

転職するデメリットは企業選びを慎重にする必要があること

第二新卒で転職する場合、企業選びは慎重にする必要があります。
新卒で入った会社を転職するのですから、次こそは自分の希望に合った会社に入社したいと思うでしょう。
ただ、新卒の就職活動と比べ第二新卒での転職は求人数が少ないのが現状。
確かにここ数年で第二新卒を積極的に採用したい企業の数は増えましたが、それでもまだ新卒での就職と比べ求人数は少ないのです。

現在勤務している会社に不満があり早く転職したいからといって、焦ってブラック企業に転職してしまえば本末転倒になってしまいます。
このような失敗を避けるためにも、焦らず慎重に企業選びをする必要があるのです。

独立するデメリット仕事と収入を安定させるのが難しい

一方独立するデメリットと言えば、独立した直後は仕事と収入を安定させるのが難しいことが考えられます。
独立直後から仕事依頼がたくさんあり、安定した収入を得ることができる人は多くありません。
そのため「自分は本当にこのままフリーランスとして生きていけるのだろうか?」という不安を抱えたまま過ごす日が続くことでしょう。

これは、どんなにサボっていても毎月固定で給与が振り込まれる会社員と比べて、非常に不安定な状態だと言えます。
この不安感に耐えられずに、独立を諦めて再就職を目指す人もいるでしょう。
このようなデメリットを緩和させるためにも、独立する前にある程度の貯金をしておくなど、対策を練っておくことが重要です。

まとめ

第二新卒での転職や独立を考えている人は、その2つが持つメリットとデメリットを知るのが大切です。
お互いの特性を知り、どちらがより自分に合った選択なのかを吟味しましょう。

第二新卒は、転職も独立もしやすく比較的柔軟に動きやすい立場だと言えます。
この期間を無駄にしないよう、ぜひ後悔のない選択をしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.