第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 既卒の就活・就職は新卒より実際厳しいの?内定を得る為の3個のポイント

既卒の就活・就職は新卒より実際厳しいの?内定を得る為の3個のポイント

Pocket

様々な理由から、就職先が決まらないまま大学を卒業してしまう人は少なくありません。
周囲の友人たちが就職先で働き始めている中、自分だけ取り残されてしまったような不安感に苛まれてこの記事に辿り着いた人も多いのではないでしょうか。

そんな、この先果たして就職できるのか不安な既卒の人も、今回の記事を読めば就活で成功するためのポイントがつかめます。

既卒でこれから就活を始めようとしている人は、ぜひ参考にしてください。

既卒者は本当に就職できないのか?

既卒や中途と比べ、新卒は就職活動が上手くいきやすい傾向にあります。
大学卒業後にすぐ入社してくれるであろう新卒は、これからの将来を期待できる有望株だと期待されているのです。

一方既卒者は、在学時代に内定先が決まらなかったという印象を持たれやすく、新卒と比べると就活が難航する傾向にあります。
しかし、だからといって絶対に就職が出来ないというわけではありません。
既卒者でも、既卒者なりの就活のテクニックやコツをつかめば相性の良い企業に入社することは可能です。
就職先を見つけるのは楽な道のりではないかもしれませんが、効率よく戦略的に就活ができるよう準備を進めていきましょう。

どうやってアピールしたらいい?企業への既卒になった理由の答え方3選

既卒者が就活で内定をゲットするためには、面接官にいかに印象に残るアピールができるかが肝になってきます。

ここでお伝えするのは、「企業に既卒になった理由を聞かれた時の良い理由の答え方3選」です。
一見ハンデに思える既卒という立場を生かし、企業に好印象を与えるアピールをしましょう。

1.就職するために自分がしていることを明確に説明する

既卒で就活をしている人は、就職先を見つけるために様々な努力をしていることでしょう。
しかしその努力も、企業側の面接官に伝わらなければ意味がありません。
自分が就職するために一体どんな努力をしているのか、明確に説明できるよう意識してください。

たとえば「希望先の業界に関する資格の勉強をしている」などの、応募先企業に就職するために努力していることがあるのであれば積極的に伝えるべきです。
これは、面接官に好印象を与えるアピールポイントとなるでしょう。

自分が頑張っていることは、自信をもってアピールして問題ありません。

2.既卒になった理由をポジティブに変換する

物は言いよう、既卒になった理由も伝え方によっては面接官からポジティブにとらえてもらえます。
たとえば在学時代に大手企業や人気企業に就職先を絞りすぎて内定が貰えなかったタイプがその一例です。
このタイプは「在学時代に視野が狭かったことを反省し、現在は自分自身を見つめ直して就活をしている。」など、在学中の過ちを反省しているという事実をしっかり伝えると印象は良くなります。

就活の現場で既卒者が、面接官から「なぜ既卒になってしまったのか」について質問されるのは目に見えています。
当日回答に困ってしまわないよう、あらかじめポジティブな回答のパターンを用意しておくと良いでしょう。

3.とにかく入社意欲の高さと熱意を伝える

就活で最も大切なのは、その企業に入社したいという熱意です。これは新卒既卒に関わらず、就活の現場では最も重要視されるポイントです。

「この会社に入社するためにどんな努力をしているのか」、「この会社のことをどこまで研究しているのか」など、面接官は応募者の入社意欲を知りたがっています。

すでに入社したい企業が決まっているのであれば、テンプレート的な回答例を考えるのではなく、その企業へ対する入社意欲の高さが伝わる回答を考えておくと良いでしょう。

応募先企業について聞かれたら何でも答えられる、それくらい自信がもてると良いかもしれません。

受ける企業の見極め方は?ずばり既卒歓迎・既卒枠を狙うべき

既卒で就職先を見つけるのに手っ取り早いのが、既卒歓迎・既卒枠で求人募集している企業を狙うことです。
求人募集要項に「既卒歓迎」などの文言を記載している企業は、既卒に対する抵抗感が少ないことがわかりきっているため採用の確立は高まります。

また既卒歓迎・既卒枠の企業を見つけるには、就職求人サイトに登録するのがおすすめです。
単に求人をインターネットで検索するよりも、求人サイトを利用したほうが効率的に求人を探せるからです。

その他、今や既卒専門の就職サイトもちらほらと現れ、そういったところでは既卒者一人ひとりに対して手厚いサポートをしてくれます。

既卒に特化した就職支援サービスを活用することで、採用までの最短ルートを辿ることができるのでしょう。

おわりに

既卒は、ともに就活を乗り越えてくれる同期がいなく孤独を感じやすい立場にあります。
同時期に卒業した同期が先に社会へ羽ばたく姿を見て、焦りや不安を感じるかもしれません。

ただ、就職をするのにはそれぞれのペースがあります。自分と相性の良い企業に出会うためにも、既卒での就職活動中は自分自身を成長させるための期間としてじっくりと臨みましょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.