憧れの!?ヘッドハンティングって何!?

Pocket

会社員として働く人なら一度は耳にしたことがあるであろう、ヘッドハンティングという言葉。

仕事ができる優秀な人材であればヘッドハンティングされるのは容易だと思われがちですが、実際はそんなことはありません。ヘッドハンティングされるのにはそれなりの要因があります。

今回は、社会人経験の浅い第二新卒がヘッドハンティングされるにはどうすれば良いのかを解説します。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、日本語に直すと「引き抜き」のことを指し、企業で働く優秀な人材をその能力を認めた別の企業がスカウトすることを言います。

ヘッドハンティングの魅力の1つは、わざわざ求人を募集する手間とコストが割けることです。
そしてもう1つが、すでにその業界で活躍している人材を直接スカウトするため、入社前からその人材が優秀なのがわかっていることの2点が挙げられます。

終身雇用が美徳とされてきた日本で、ヘッドハンティングが普及し始めたのはここ数年の話です。以前の日本ではヘッドハンティングを良しと考える人は、今より格段に少なかったのです。
しかし終身雇用の文化が崩れ去りつつある時代の中で、徐々にヘッドハンティングが世間に受け入れられるようになりました。

今や人材確保の方法として、ヘッドハンティングを活用する日本企業も珍しくないと言えるでしょう。

ヘッドハンティングされやすい業界

ヘッドハンティングはどの企業でも活発に行われているわけではなく、ヘッドハンティングが行われやすいフィールドというのは存在します。

特にヘッドハンティングが盛んな業界が、IT業界と金融業界の2つ。
ニュースを見てわかる通り、IT業界は変化が激しく常に技術革新が起こっています。
ここでは時代の流れや変化に対応できる優秀な人材が求められるため、盛んにヘッドハンティングが行われているのです。

また、人材の流動が激しい金融業界もヘッドハンティングが盛んな業界だと言えます。
どの業界よりも結果を求められるのが、金融の世界です。結果が出なければ降格や左遷も珍しくありません。
穴のあいたポジションを埋めてくれる優秀な人材を、ヘッドハンティングにより確保しようとする企業も多いです。

ヘッドハンティングをされるための2つの方法

それでは、ヘッドハンティングによりキャリアアップするためにはどうすべきでしょうか。
どんなに優秀でも、他の企業の目に留まらなければスカウトされるのは難しいです。

ここでは、若手である第二新卒がヘッドハンティングされるための2つの方法を紹介します。

1.目に見える実績を上げること

ヘッドハンティングされるために最も大切なことは、実績を上げることでしょう。
特に新聞やテレビなどニュースに載るような大規模プロジェクトを成功させれば、他の企業からの注目度も高まります。

大きなプロジェクトに関わらなくても、営業で数字を残すなど目に見える成果を残すことで、自分の価値を他社へもわかりやすく示すことは可能です。

社会では、「仕事ができる人」とは「結果を残せる人」という認識が強く、どんなに社内での評判が良くても目に見える数字を残せなければ他社から注目されるのは難しいでしょう。
ヘッドハンティングされたければ、目に見える実績を上げる努力が必要です。

2.社外での人脈を形成する

社外の人脈がきっかけでヘッドハンティングされるケースも存在します。特に、前職の取引先に能力を認められスカウトされることは少なくありません。
ヘッドハンティングされようと必死で外部にアピールするよりも、今担当している業務に真摯に取り組むことが、結果としてヘッドハンティングに繋がる可能性は高いです。

また、同業他社の交流会に積極的に参加してみるのも良いかもしれません。
交流会やパーティーなど人が多く集まる場所に赴けば、それだけ自分を求める企業に出会える可能性は上がります。
自分の存在を他社へ知ってもらうために、そういった場所へ出掛けるのもヘッドハンティングされるための1つの方法と言えるでしょう。

ヘッドハンティングのメリット・デメリット

ヘッドハンティングという言葉に憧れる人は多いですが、どんな事柄にもメリットとデメリットが存在します。

まずメリットとして挙げられるのが、現在勤務している企業よりも好条件で入社できるかもしれないことでしょう。
ヘッドハンティングする側も、優秀な人材を引き抜こうと好条件を提示するのが普通。給与や役職が上がる可能性は非常に高いです。

逆にデメリットとして挙げられるのが、周囲からの期待によるプレッシャーが大きいことです。
ヘッドハンティングされる人は、「自社で結果を残してくれる」と期待されてスカウトされるので、転職先の上司や同僚から求められるレベルも高く、そのプレッシャーに押しつぶされる人も少なくありません。

ヘッドハンティングで転職する場合は、そのメリットとデメリットを理解したうえで決断するようにしましょう。

まとめ

ヘッドハンティングされるためには、他社から見て魅力的な人物になるのが大切。そのためには、今働いている会社で結果を残す努力をしましょう。
早く転職したいからといって、現職で手を抜くのは良くありません。そのような心構えではヘッドハンティングされるのは難しいと言えます。
自社と他社の両方から求められる人材になるためにも、責任感を持って業務に向き合うのが大切です。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.