第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 第二新卒の転職にもハローワーク!?あまり知られていない利用方法を徹底調査!

第二新卒の転職にもハローワーク!?あまり知られていない利用方法を徹底調査!

1

Pocket

昨今、さまざまな求人媒体があり、求人サイトや求人情報誌等もとても充実しています。転職エージェントなど、仕事を紹介してくれる機関もたくさんありますが、そんな中、唯一厚生労働省が管轄しているのが「ハローワーク」という職業紹介機関です。

あまり知られていませんが、ハローワークは失業者だけでなく、第二新卒も仕事を紹介してもらうことができます。

ここでは、第二新卒がハローワークを利用する上でのメリットやデメリット、注意点などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ハローワークって?

厚生労働省管轄の職業紹介機関

ハローワークは仕事を探している人が職員に就職の相談をするほか、求人情報を閲覧できる機関です。利用に一切費用がかからず、求人募集する側の企業も、無料で求人情報を掲載できるという特徴があります。

全国の都道府県に設置されているため、どこに住んでいる人でも利用可能なのが利点でしょう。インターネットが普及してからは、オンラインで求人情報をチェックできるようになり、さらに便利になりました。

転職について相談できる係員がおり、その担当者に希望を伝えると、できるだけ希望にマッチした求人を探してくれます。状況に応じて職業訓練を提案してくれるなど、求人だけではない方向性を見つけることができる点もポイントといえるでしょう。

ハローワークの利用方法

ハローワークの利用方法はとても簡単です。窓口に利用登録をしたい旨を伝えて受け取った申込書に必要事項を記入し、会員証を発行するだけ。就業のカウンセリングを希望している人は、その旨を申告すればカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングを受けない人や、順番待ちをする人は、施設内のパソコンで求人情報を検索することも可能です。気に入った求人情報があれば、カウンセリング時に募集状況を確認したり、紹介をお願いしたりすることもできます。

2

ハローワークのメリットとデメリット

メリット

地域に密着した求人情報が豊富

ハローワークはその地域の求人情報が圧倒的に多いので、地元で働きたいと決めている人は多くの情報を得ることができるでしょう。

求人媒体だと費用がかかるので募集情報を掲載できないという企業も、ハローワークなら無料で掲載できるので、求人媒体にない情報を得られる可能性も高いです。

合否の返答を必ず受け取ることができる

例えば民間の求人情報サイトから応募をした場合、応募の合否連絡がない企業も少なくありません。しかし、ハローワークから応募した企業は必ず合否の返答をくれます。

これは、求人情報の掲載にあたり、ハローワーク側から必ず合否の返答をするように義務付けているからです。応募の合否がわからないので次の企業に応募できない、というストレスがありません。

デメリット

優良企業だけが掲載されているわけではない

どんな募集企業でも無料で利用できるため、経営難の企業やあまり運営がしっかりしていない会社でも求人情報を掲載しています。そのため、いわゆるブラック企業的な企業の募集に応募してしまう可能性もゼロではありません。

希望の仕事に出会えないこともある

ハローワークは実際に足を運ぶことで、求人情報を得ることができます。しかし、求人情報はその地域の企業数によって左右されるため、企業数が少ない地域だと、必然的に情報も少なくなります。

このような場合には、オンラインで確認することで、近隣地域の情報を得るなどの工夫をするといいでしょう。ただし、募集は多くても自分の働きたい職種がないということもありますので、その点は注意してください。

第二新卒がハローワークを利用する上で気をつけたいこと

第二新卒ならではのメリットを得られない

企業によっては第二新卒を積極的に募集しているところもありますが、ハローワークはどの年代においても平等な募集を行っているので、第二新卒であることをアピールしにくい環境です。

第二新卒が優遇される企業に転職したいという人には、ハローワークは不向きだといえます。

第二新卒でハローワークの利用に適している人は?

第二新卒でハローワークの活用が有利になる人としては、今住んでいる地域で転職したいと考えている人、地域密着型の企業で働きたい人などが挙げられます。

逆に、今いる地域とは別の地域で転職を希望している人は、ハローワークの利用は適していないといえそうです。

おわりに

ハローワークは第二新卒でも利用できる公的な職業紹介機関ですが、利用用途に応じてメリットにもデメリットにもなり得ます。無料で利用できるので、職業訓練を検討しているほか、より多くの情報を得たいという人の利用にはとてもおすすめです。

よりスムーズな第二新卒の転職を成功させることができるよう、用途に合わせて使い分けることをおすすめします。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.