就職浪人は不利なのか?既卒で就活する時の3のポイント

Pocket

卒業前に就職先が決まらず、卒業後も就活を続行している状態を「就職浪人」と言います。
新卒と比べ就職浪人は、大学からの援助を受けるのも難しく就活が難航する傾向にあるのが特徴です。

そんな就職浪人に向けて、今回は既卒で就活するポイントについてお伝えします。
就職先が決まらず不安を抱えたまま卒業してしまった人は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

就職浪人が不利だと言われる理由

現実問題、就職浪人は就活に不利だと言えるでしょう。
その理由は複数ありますが、今回はその中でも代表的なものを2つ紹介します。

就職浪人が不利な理由を知れば、人事部や面接官の心理を理解するのも難しくありません。ぜひ参考にしてください。

1.面接官や人事担当者からのイメージが悪い

就職浪人が就活において不利な理由は、単純に企業側からの「イメージが悪い」というところでしょう。

通常であれば在学時代に就職先が決まっていたはずなのに、卒業してもまだ就職先を探しているという事実は、面接官や人事担当者から「もしかして何か能力や人間性に問題があるのではないだろうか?」と不信感を抱かれてしまうのです。

そのため、どんなに人柄が良い人でも書類選考の段階でふるい落とされ、面接まで辿り着けない可能性が高まります。

就活の場では、新卒の応募者と競合しなければいけません。そのため同程度の能力であれば、企業は既卒よりも新卒を採用したいと考えるのが普通でしょう。

2.新卒カードが使えない

ここ数年で新卒と既卒の垣根はなくなりつつありますが、それでも現在の日本では新卒が就職に有利なのは変わりません。
多くの企業では、浪人も留年もしていない学生を採用したいと考えているのです。

企業の中には新卒しか募集していないところもあり、そういった企業は応募段階からはじかれてしまいます。
既卒で就活するということは、応募できる企業が新卒と比べ限定的になるというのを覚悟しておくと良いかもしれません。

就職浪人して、既卒で就活する時の3つのポイント

就職浪人は就活に不利だということはわかったが、実際にどのように挽回すべきなのか。就職浪人した既卒が知りたいのは、これについてではないでしょうか。
ここでは、既卒が就活する時の3つのポイントについてお伝えします。

1.希望する業界や職種に関する勉強・資格取得をする

既卒が新卒に勝つためにすべきことは、とにかく希望の業界や職種に関する研究をすることが欠かせません。
入社したい企業がすでに決まっているのであれば、とにかくその企業について調べ上げ、聞かれたら何でも答えられるくらい研究しておきましょう。

企業だけでなく、業界や職種に関する勉強をしておくのも重要です。
もしも可能であれば、何かその業界や職種に関連する資格を取得しておくと良いかもしれません。

前もって勉強や資格取得をしておくことで、熱意や入社意欲の高さを伝えられます。
どうしてもこの会社に入社したいという想いが伝われば、面接官の心もきっと動くことでしょう。

2.応募する企業をえり好みしない

在学時代、大手企業や一流企業にこだわりすぎて内定を得られなかった人も少なくありません。
有名な会社や安定した会社で働きたい気持ちもわかりますが、その気持ちはいったん捨てるべきです。
そういった企業を受験してはいけないというわけではありませんが、人気企業だけにこだわってしまうと内定は遠のいてしまいます。

世間一般に名が知られていない中小企業でも、従業員を大切にする優良企業は世間にはたくさんあります。
就職浪人で今から応募先の企業を探すのであれば、視野を広く持つことが重要です。

3.就職浪人することになった事情を整理する

そもそもなぜ在学中に内定がもらえず就職浪人することになったのか、この事情を自分でもよく把握しているでしょうか。
大手企業にこだわりすぎて内定がもらえなかったのか、それともそもそも就活にやる気が出せず怠けてしまったのか。
自分自身、就職浪人することになった理由をよく理解する必要があります。

面接官は高確率で、この就職浪人することになった理由について面接で尋ねます。
ここではっきりと答えられないようであれば、面接官も不信感を抱いてしまうでしょう。

嘘をつくのは良くありませんが、それなりに印象が悪くならない言い回しをあらかじめ用意しておくことが重要です。

おわりに

在学時代に就職先が決まらなかったのに、卒業してから内定を得ることができるのだろうか。そのような不安な気持ちを抱えながら就活に臨む人も多いのではないでしょうか。
特に既卒であれば、大学からサポートが得られず一人で就活に臨まなければならず、孤独な気持ちはより一層強くなるはずです。
ただ、適切な就活のやり方を実践すれば内定を得ることは難しくありません。ぜひ就活の際は、今回お伝えした3つのポイントを参考にしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.