第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 何が違うの?正社員・アルバイト・派遣社員・契約社員、雇用形態による違い

何が違うの?正社員・アルバイト・派遣社員・契約社員、雇用形態による違い

Pocket

数年前と比べて、多様な働き方が認められるようになった現代社会では、自分のライフスタイルに合わせて雇用形態を選択する人が増えました。
あえて非正規雇用という働き方を選ぶ人も珍しくない今、大学卒業後は正社員として就職するのが普通というのは古い価値観だと言えるでしょう。

そんな時流の中、今回は第二新卒で転職を考える人が知っておくべき正社員・アルバイト・派遣社員・契約社員の違いを解説したいと思います。

雇用形態には色々なかたちがある

現在の日本には、色々な形の雇用形態があります。
少し前までの終身雇用が普通の時代では、大学卒業後は1つの会社に定年まで勤め上げるのが常識とされていました。

しかし、終身雇用や定年退職の神話が崩れ去った今、現代の若者はいつクビになるかわからない不安を抱えています。
そのため、一生涯1つの会社に尽すという愛社精神は薄くなり、会社よりもプライベートを重視する人が増え始めたのです。

非正規雇用という生き方が日本で認められるようになり、「どの会社で働くか」よりも「どんな生き方をしたいか」という価値観を基準に仕事を選ぶのが、もはや普通になり始めています。

正社員・アルバイト・派遣社員・契約社員の違い

世間には多様な雇用形態が存在するものの、自分が経験したことのない雇用形態についてはなかなか想像がつかないはず。
ここでお伝えするのは、正社員・アルバイト・派遣社員・契約社員の違いについてです。

第二新卒でこれから転職を考えている人は、それぞれの違いを知り、自分の理想のライフスタイルに最も近い雇用形態を選ぶと良いでしょう。

1. 正社員とは

第二新卒にとって最も馴染みが深い雇用形態が正社員ではないでしょうか。
正社員とは、会社に直接雇用されている社員のことを指し、雇用期間に定めはありません。

主に労働規則に明記されている業務をこなすことが求められ、多くの場合フルタイムで働くのが基本。
他の非正規雇用されている社員と比べ、基本給が高く手当がしっかりとつくことが多いですが、その分責任の重い業務を任されることになります。
正社員は給与ややりがいといった面での満足度が高いですが、その分プライベートの自由度は下がる傾向にあると言えるでしょう。

2. アルバイトとは

学生時代、1度はアルバイト経験をしたことがあるのではないでしょうか。
多くのアルバイトでは、正社員やパートタイムのようにフルタイムで働くことは求められず、繁忙期や夜間などスポット的に働くことを求められます。

アルバイトとして勤務する層は、学生やフリーターなど比較的時間に融通がきく人が多いです。
正社員と比べてやりがいのある業務を任されることは少ないですが、厳密に雇用契約で縛られているわけではないため、プライベート重視の自由な働き方ができます。
アルバイトはシフト制勤務の職場が多く、自分のスケジュールに合わせて勤務日や業務量を調整することも可能です。

3. 派遣社員とは

派遣社員とは、勤務先の企業に直接契約されるのではなく、その間に立つ派遣元企業と雇用契約を結ぶ社員のこと。

派遣先企業の正社員と同じ業務をこなしていても、給与や手当など諸々の待遇はその会社に直接雇用されている正社員とは異なります。
そのため派遣社員はどんなに頑張っても会社内での昇級が見込まれないのがデメリットですが、転勤がなく残業が少ない分仕事とプライベートの両立がしやすいのがメリットだと言えるでしょう。

それに、派遣社員は基本的に期間限定で勤務するため、派遣先が自分に合わなければ次は更新をしなければいいだけです。職場を自分自身で選べるのも、派遣社員として働く魅力だと言えます。

4. 契約社員とは

契約社員は、勤務先の会社に直接雇用されている雇用期間に定めがある社員のことを指します。派遣社員と働き方は似ていますが、雇用元が違うという点で両者は異なります。

契約社員の特徴は、正社員ほど責任の重い仕事を任されることはなく、無理に残業する必要がないという点です。
正社員よりは給料が低いですが、アルバイトやパートタイムよりも給料が高いことが多く、安定した収入を得ることができます。

「プライベートを重視したいけど、仕事もそれなりにしっかりこなしたい」

そんな人に契約社員という働き方は向いていると言えるでしょう。

第二新卒の転職では正社員を目指すべき?

第二新卒で転職する人が悩むのは、そもそも正社員を目指すべきなのかということ。
どの雇用形態で働くのが良いのかというと「絶対に正社員が良い」とは言えないところ。自分がどんな生活を送りたいのか、これにより選択肢は大きく変わります。

それに、アルバイトや派遣、契約社員として働き始めてからその企業で正社員を目指すことも十分可能です。
どうしても働きたい企業があり、そこで正社員として登用されることが叶わなかったのであれば、非正規雇用からの正社員登用を目指しても良いかもしれません。

まとめ

第二新卒の転職は、どの企業で働くかも重要ですが、どんな働き方をするかについてもよく考える必要があります。
誰もが正社員として働く必要はありませんので、自分に合ったスタイルの働き方を選択するようにしましょう。
そのためにも、世の中にはどんな雇用形態が存在し、どんな働き方ができるのかを知ることは重要です。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.