第二新卒の転職におすすめしたいマインドマップ活用法

Pocket

第二新卒での転職は、新卒や既卒と比べてネット上に情報が少ないのが難点。
どのように転職活動を進めていくべきか、よく理解している人は少ないのではないでしょうか。

そんな、第二新卒が転職活動をする上でおすすめしたいのがマインドマップの活用。
マインドマップって何?と名前すら聞いたことない人は、ぜひ今回の記事を参考にして頂ければと思います。

マインドマップとは

マインドマップを一言で表すなら、自分の思考を整理し、頭の中で考えていることを目に見える形にすることだといえます。
頭の中だけで考えていることを全て紙に書き出すことで、脳内を整理し新しい思考を生み出すことにつなげます。
これは、考えが行き詰まったときに役立つ思考法の1つだと言えるでしょう。

このマインドマップ、放射思考という思考法が元になっています。
放射思考とは何かというと、1つの事柄を中心として枝のように複数の情報が展開していく考え方。
これを上手く使うことで、柔軟な発想を手に入れることが可能になります。

マインドマップは学業や仕事などありとあらゆる場面で活用されますが、第二新卒の転職においてもマインドマップを使うメリットは多々あるのです。

自己分析につかえるマインドマップ

第二新卒の転職活動では、自己分析にマインドマップを活用することができます。
マインドマップを使うことで、自分の強みや興味関心など普段あまり気にとめないような自身の性格の本質を知れるのです。

転職活動において自己分析をする理由は、本来の自分はいったいどんな人間なのかを知るため。そして、本来の自分にマッチした業種や会社を選び入社後のミスマッチを起こさないため。この2点を網羅できるのが、マインドマップなのです。

それに、マインドマップで知ることができるのは自分の性格だけではありません。
網羅的にライフイベントを綴っていきますので、過去のさまざまな出来事が現在にどのような影響を与えているのかまで可視化できます。

つまりマインドマップは、自分自身のことを可視化して自己理解を深めるのに最適な思考法だと言えるのです。

第二新卒の転職にマインドマップがオススメな3つの理由

このマインドマップ、第二新卒の転職の現場で活用するのに非常におすすめの思考法だと言えます。
マインドマップを第二新卒の転職現場で活用することにより、面接での質問に対して説得力のある回答ができるのです。

ここでは、第二新卒の転職にマインドマップがおすすめの3つの理由をお伝えします。

1. 成功体験や失敗体験など人生の分岐点を明確にできる

マインドマップでは、自分の人生でターニングポイントとなった出来事を明確化できます。ただ単純に、ライフイベントを辿るだけではありません。

第二新卒の転職活動でよく聞かれるのが、今までの成功体験と失敗体験。
成功体験の場合は、どうして成功できたのか、成功を導くためのゴール設定はどのようにしたのかなどの項目をチェックされます。
失敗体験であれば、失敗した理由とその失敗を次にどう生かすのかをチェックされるはず。

マインドマップは過去の経験が現在にどのような影響を与えているのかを明確化してくれます。
そのため面接でこの成功体験と失敗体験について聞かれたとしても、論理的に回答ができるでしょう。

2. 将来の目標や理想像を具体的に想像できる

自分がこの先どんなキャリアを積んでいきたいのか、マインドマップではそれを知ることができます。
第二新卒という入社3年未満で転職をするということは、前職では何かキャリア上のミスマッチが起きてしまっていた可能性があります。

転職先の企業は、「また今回も早期離職するのではないか?」ということを危惧しています。
そのため面接では「自分の望むキャリアと応募先の企業はマッチしている」ということを具体的に説明する必要があります。
その点、マインドマップは自分の今後のキャリアについてとことん掘り下げられるため、面接で聞かれても答えに窮する心配はないでしょう。

3. 自分の本質的な性格を理解した上で応募する企業を選べる

自分がどんな性格なのか、知っているようできちんと理解している人は少ないもの。
自分がどんな性格でどんな業務にストレスを感じるのか、これがわからなければ結局また転職を繰り返すことになってしまいます。

近年少しずつ第二新卒の名が世間に知れ渡り、第二新卒を積極的に採用したいと謳う企業も増えましたが、それでも早期離職という事実から悪いイメージを持つ企業も少なくありません。

度重なる早期離職を避けるためにも、自分がどんな企業にマッチするのかを理解するのは重要。
その理解を深めるためにも、マインドマップは非常に役に立つのです。

まとめ

第二新卒での転職は、新卒や既卒と比べると少し特殊な状況。だからこそ、自己分析をしっかりして自分のことを理解してから面接に臨むことが求められているのです。
その点、マインドマップは自己理解を深めるのに最適な思考法だと言えます。

それにマインドマップの利点は、実際に入社した後にも活用できる思考法が詰まっているという点。
面接対策用に自己分析をするだけではなく、今後どんなキャリアを歩みたいのかいうところまで網羅することができるのがマインドマップなのです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.