第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > フリーターから正社員になりたい人へ、20代で就活・就職するためのポイントまとめ

フリーターから正社員になりたい人へ、20代で就活・就職するためのポイントまとめ

Pocket

やりたいことがたくさんある20代には、まだまだ正社員のような安定した立場につきたくないと感じる人も多くいます。
ただ、そうやって就職を先延ばしにすることでより良い企業に就職できる可能性が下がってしまうのも事実なので、就活するなら早ければ早いほど良いでしょう。

今回は20代フリーターに向けて、これから正社員として就活・就職するためのポイントについて解説します。

まず何をしたらいい?就職支援サービスの活用法

フリーターから正社員になるために手っ取り早いのが、何らかの就職支援サービスを利用することです。
一人で闇雲に奮闘するよりも、誰かのサポートに頼ったほうが効率的です。

最も敷居の低い就職支援サービスとして挙げられるのが、ハローワークではないでしょうか。ハローワークは全国に拠点があるため、お住まいの近くの拠点へ足を運べば大丈夫です。
ハローワークの特徴は、その地域に特化した求人が充実していることといえます。特に地元で働きたい人には、ハローワークはおすすめです。

次におすすめする就職支援サービスが、就職エージェントです。
最近ではフリーターや第二新卒、既卒に特化した就職エージェントが増えています。
一人ひとりに対して個別で手厚いサポートをしてくれるのが、就職エージェントの最大の特長だと言えます。

面接でよくある質問と回答

書類選考を突破し、次に待ち構えているのが面接官との面接です。
予想される質問に対する回答をあらかじめ用意しておくことで、内定をゲットする確率は格段に上がります。
ここではフリーターが面接でされるであろう質問と模範解答をご紹介します。

1.フリーターになった理由

学校を卒業後、正社員ではなくフリーターになった理由はほぼ確実に聞かれると考えて間違いありません。
企業の採用担当者の中にはフリーターに対してあまり良くない印象を持っている人もいるため、この質問に対する回答はしっかりと準備しておくべきだと言えます。

親の介護など致し方ない事情でフリーターとして働いているのであれば、面接では正直に話しましょう。自分に非がない問題に対しては、隠すことはありません。

また、資格取得に向けた勉強など前向きな事情でフリーターとして働く場合も、自信をもって回答して問題ありません。

ただ、たとえば「正社員として責任感のある仕事がしたくなかった」など後ろ向きな理由でフリーターとして働いている場合は、正直に伝えるのではなくポジティブな言い回しに変換して伝える必要があります。

2.フリーター期間の過ごし方

フリーター期間が長い場合、特にこのフリーター期間の過ごし方について面接官は聞きたがります。
もしこの期間に何もせずダラダラとアルバイトをしていただけであれば、入社後も「本当にうちの企業で頑張ってくれるのか?」と面接官は不安に感じてしまうでしょう。

アルバイトをしているのであれば、その勤務先で頑張っていることなどを伝えるのがおすすめです。
何か目に見える成果を残している場合は、そこをアピールポイントとして積極的に押し出してください。

このフリーター期間の過ごし方についても、面接官に好印象を与えられる回答を用意しておくのが重要です。

どういう業種・職種がある?

実際に、フリーターから正社員を目指す場合どんな業種や職種が良いのでしょうか。
可能性に溢れる20代は、今から未経験の業種や職種に挑戦することが可能ですが、その中でも特に正社員になりやすいジャンルというのは存在します。

ここでは、20代のフリーターが正社員になりやすい業種と職種を紹介します。

1.IT業界

何か秀でたスキルがなければ就職できないと思われがちなIT業界ですが、実際はそんなことはありません。
ここ数年の動向としては、IT業界では未経験の人材を積極的に採用しています。

変化の速いIT業界は、その変化に適応できる柔軟性の高い人材を求める傾向にあります。
そのためまだスキルが足りない20代でも、その若さを買われて正社員として採用される可能性は高いのです。

最近では未経験からのエンジニア就職などがトレンドですので、ぜひそういった職種に挑戦してみるのも良いかもしれません。
これから需要が高まるIT業界へ転職することで、今後のキャリアにも役立つこと間違いないでしょう。

2.サービス職

フリーターからの正社員登用がされやすいのが、接客業などのサービス職です。
特に飲食店やアパレルでは、アルバイトから正社員になるケースも少なくありません。

基本的にサービス職は、特別な資格やスキルが必要ないため就職がしやすいです。
今までアルバイトなどで接客の経験があるのであれば、サービス職への就職を視野に入れてはいかがでしょうか。

ただこの職種はシフト制のところが多く、体力がない人にとっては少し厳しい環境かもしれません。
自分の資質や健康面と相談し、興味があるようなら応募してはいかがでしょうか。

おわりに

若くて柔軟性のある20代は、たとえ現在フリーターだとしても正社員になれる可能性が高いです。
その中で、自分に合った企業にいち早く出会うためにも、就活は早めに始めるのがおすすめです。
20代のうちは未経験の業界や職種に就職することもできますので、ぜひ就活の際は勇気を出して興味のある分野にチャレンジしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.