第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > 第二新卒が出版業界に転職する方法はある?覚えておきたいポイントを解説

第二新卒が出版業界に転職する方法はある?覚えておきたいポイントを解説

1

Pocket

第二新卒だけでなく、新卒や中途採用を目指す人からも人気が高い「出版業界」。第二新卒の転職では、キャリアチェンジをかねて憧れの出版社で働きたいと考える人も多いようです。

しかし、大手の出版社で働きたくとも、第二新卒の転職はかなり厳しいのが現状といえます。

それでも第二新卒が出版社で働きたい場合には、どのような方法があるのでしょうか?第二新卒が出版社で働きたい場合についてまとめてみました。

縮小傾向にある出版社への就職は新卒でも厳しい

Web媒体の拡大で出版社は不況

出版社は一般的に、書籍や雑誌を出版する会社のことです。電子書籍やWeb媒体が拡大してきている昨今では、出版社の景気が悪くなっているといわれており、新卒でも就職が難しいといわれています。

もちろん、大きな利益を出している出版社はありますし、インターネット媒体に注力している出版社はそこまで不況ということはないようですが、それでも昔と比べると、どうしても景気が悪くなってしまっていることは否めません。

中途採用は経験者のみの企業がほとんど

こうした現状で、経験の少ない第二新卒が出版社に転職することは難しいようです。仮に中途採用を募集していたとしても、即戦力として活躍してくれる経験者の募集がほとんどで、一から教育をして社員を育てようという出版社は少ないと思われます。

それでも第二新卒が出版社で働きたいときはどうすればいい?

編集プロダクションで働きながらチャンスを待つ

出版社に直接応募し採用されるのは極稀ですが、編集プロダクションで働きながら経験を積み、出版社へのキャリアチェンジを目指すという方法があります。

編集プロダクションとは、出版社から請け負った編集業務を行っている会社のことです。出版社ではありませんが、編集業務の実務経験を身につけることは可能なので、スキルをつけてから中途採用で出版社への転職を目指せます。

編集プロダクションの場合は、第二新卒の採用を積極的に行っている企業がありますので、求人情報をチェックしてみましょう。

出版社でアルバイトしながら社員登用を目指す

そのほか、出版社でアルバイトをしながら正社員を目指すという方法もあります。有能な編集者の中には、もともと出版社でアルバイトをしていて、優れた企画を出して出版社に正社員として雇用されたという人も少なくありません。

また出版社で働く編集長は、正社員ではない人も多く、企画ごと持ち込みをしてフリーの編集長として働いている人もいます。アルバイトで経験を積みながら、企画が出せる編集者を目指すのもひとつの方法です。

出版社で働きたい第二新卒が覚えておきたいこと

好きな仕事だけできるわけではない

出版社は雑誌や書籍の編集に携わりたい、本が好きな人にとって憧れの仕事です。

しかし、実務では編集だけすればよいというわけではなく、雑誌の広告主を探すための営業をしなければならなかったり、お使いや編集者の補助的な仕事する必要があるなど、理想とかけ離れた仕事もたくさんこなさなければなりません。

出版社への憧れが強い人ほど、こうしたギャップに打ちのめされてしまい、短い期間で退職してしまうということになりかねないため、仕事内容についてはよく下調べをした上で応募されることをおすすめします。

ハードワークであることは覚悟する

出版社の仕事は実にハードです。取材や撮影で1日中外にいたにも関わらず、夜から誌面づくりをして深夜まで働いたりしなければならないこともしばしばあります。

残業が多いなどの理由で前職を退職した人は、ハードワークについていけずに辞めざるを得ないということになりかねません。出版社も編集プロダクションも、ハードワークであること、残業や休日出勤も頻繁にあることを理解した上で、応募を検討しましょう。

出版業界のことを理解してから転職を検討しよう!

憧れの出版業界で働く上で、メリットとデメリットは共存しています。現在の出版業界がどんな状況なのか、どんな仕事があるのかをまずは理解しましょう。

そして、転職が狭き門であること、希望した仕事ができない可能性もあることのリスクを理解した上で応募を検討することが大切です。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.