第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > アピール次第で挽回できる?新卒入社した会社の退職方法と、第二新卒で就活する時の退職理由の伝え方

アピール次第で挽回できる?新卒入社した会社の退職方法と、第二新卒で就活する時の退職理由の伝え方

Pocket

第二新卒で就活する場合、絶対に聞かれるのが前職の退職理由です。
たとえ前職をネガティブな理由で退職してしまったとしても、面接での退職理由の答え方によっては挽回が可能です。

この記事では、これから会社を退職する第二新卒に向けて「基本的な退職の流れ」と「就活の場での、退職理由の伝え方」の2つを重点的にお伝えしたいと思います。

新卒入社した会社の退職方法

退職の意思は誰に伝えるべきなのか、引き継ぎにはどの程度時間が必要なのか。
初めての退職は、どういった順序で会社を去るべきなのかわからなくて不安です。

そんな不安を解消すべく、ここでは新卒入社した会社の基本的な退職方法をお伝えします。

1.上司に退職の意思を伝える

退職を決意した後、一番初めにすべきことは退職の意思を上司に伝えることです。
遅くても1か月前、余裕をもって2~3か月前には上司に話をつけておく必要があるでしょう。
あまりにも伝えるのがギリギリになってしまうと、後任への引き継ぎ時間が短くなり迷惑をかけてしまいます。注意してください。

退職の意思を伝える相手は、一般的には直属の上司が良いとされています。
部長や社長などあまりにも上の人に先に伝えるのはルール違反とされていますので、気を付けてください。

2.退職届を出し、退職関係の手続きを済ませる

上司に話がついた後は、退職届を出す必要があります。この退職届は会社によってフォーマットが決まっていることが多いですが、特に決まっていないようであればインターネットからフォーマットを探しましょう。

詳細な退職日については、上司と相談して決めることになります。こちらの都合で勝手に決めてはいけません。

退職届を出した後は、人事部や福利厚生担当と話をし、諸々の退職関係書類に記入をすることになります。

3.引き継ぎを完了させ退職の挨拶を済ませる

立つ鳥跡を濁さずという言葉にもある通り、自身が退職した後も業務が円滑に動くよう引き継ぎをしっかりと完了させましょう。
自分の受け持っていた仕事のマニュアルを作るなり、後任へのレクチャーをするなり、最後まですべき仕事は山ほどあります。
すっきりとした気持ちで会社を去れるよう、引き継ぎには全力で臨みましょう。

引き継ぎの他にすべきことといえば、退職の挨拶です。社内外問わず、お世話になった人々への挨拶は忘れてはいけません。
特にお世話になった人には直接挨拶を、都合がつかずに直接会えない人に対してはメールで挨拶するようにしましょう。

手続きと失業保険のもらい方

退職に向けた手続きについて、退職の際は離職票をもらうのを忘れないようにしましょう。
この離職票を持ってハローワークへ向かえば、失業保険の手続きが可能となります。

失業保険とは、失業中に貰える給付金のこと。この給付金により、アルバイトなどせず集中して転職活動に取り組めるのです。

失業保険を貰うには条件が決まっていて、1つ目の条件が雇用保険に1年以上入っていたこと。2つ目の条件が、病気やケガが原因で退職したということ。
この2つの条件どちらかを満たしていなければ、ハローワークへ訪れても失業保険はもらえませんので要注意です。

再度、第二新卒で就活する時のポイント、退職理由はどう伝える?

入社3年未満の早期離職した第二新卒は、次の就職先を探す転職活動時に必ずと言っていいほど退職理由を聞かれます。
この理由をどう答えるかで、採用の合否が決まるといっても過言ではありません。

ここでは、第二新卒が面接で退職理由を答える時のポイントについてお伝えします。

1.たとえネガティブな退職理由でもポジティブに変換する

ネガティブな理由で前職を退職したとしても、面接の際にはポジティブな言い回しに変換して伝える必要があります。

「会社の上司と馬が合わなかった」、もしくは「激務な現場に配属されてしまった」、など退職の理由は様々ですが、面接でネガティブな回答をしてしまうと面接官から「この人はまた何か辛いことがあれば、退職してしまうのでは?」と思われてしまいます。

面接官からの印象を良くするためにも、何かしら前向きな理由に置き換えて伝えるのが重要です。

2.退職理由は会社のせいにしない

退職理由を会社のせいにするのも、転職活動の場ではあまり良いとは言えないでしょう。
パワハラやセクハラなど、本当に自身に非がないパターンも確かにあるのですが、それら諸々の事情の真意は面接官にはわかりません。

それに前職の悪口を言う人材は、信用がおけないように見えてしまいます。
入社後も、自社の悪口を言うのではないかと思われてしまうでしょう。
就活の面接では、退職理由をくれぐれも前職のせいにしないようにしてください。

おわりに

前職をネガティブな理由で退職したとしても、面接でのアピール次第で挽回は可能です。
第二新卒としてこれから就活を始める人は不安かもしれませんが、いかに自分を魅力的にアピールできるかを考え行動しましょう。
嘘をつくのは良くありませんが、自分の良さを効果的に伝えるアピールは大切。退職理由伝え方には、ぜひ留意してください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.