第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 新卒就活とは違う!第二新卒の転職におすすめしたい自己分析

新卒就活とは違う!第二新卒の転職におすすめしたい自己分析

Pocket

現在転職を考えている第二新卒は、実際に企業へ応募する前にまず「正しい自己分析の方法」を学びましょう。
なぜなら、正しい自己分析の仕方がわからなければ自分の適性に合った企業と出会うのは難しく、新しい会社へ転職しても入社後またすぐに退職をしてしまう可能性が高いからです。

この記事では、「第二新卒の転職でおすすめの自己分析の方法」について具体的にお伝えします。
これから転職を考える第二新卒は、ぜひ参考にしてください。

自己分析とは?

自己分析とは何かと問われた時、明確に回答できる人は少ないのではないでしょうか。

簡単に言うと、自己分析とは自分自身と向き合い客観的に自分のことを評価する作業のことを意味します。
自分はいったいどんな人間で、過去にどのような実績を残してきたのか。そして将来的に何を成し遂げたいのかなど、自分の核となる部分を深掘りすることを言います。

自己分析をすることで自分の長所や短所がわかるため、転職活動をする際の企業選びにその結果は非常に役立ちます。

自分の長所を最大限に発揮できる企業に出会うためにも、転職活動を始める前段階の自己分析は済ませておくべきだと言えるでしょう。

なぜ自己分析が必要なのか?

手間暇がかかる自己分析は、できることなら省いてしまいたい面倒な作業…と考える人も少なくないでしょう。

しかし自己分析は、転職活動を本格的に始める前に済ませておくべき必須事項だと言っても過言ではありません。

ここでは、自己分析が転職活動に必要な2つの理由についてお話します。

1.自分の適性を理解しそれに合った仕事を見つけるため

自分の適性を理解しないまま闇雲に転職活動をしても、相性の良い企業に出会うことは難しいです。

適性を考慮しないまま、どこか別の企業へ入社してもまたすぐに退職してしまう可能性は高いのが現実です。そういった早期離職の失敗を避けるためにも自己分析は必要な作業だと言えます。

自分の強みや弱み、向き不向きを理解するのは企業選びにおいて重要です。
自分の強みが最大限発揮できる企業への入社はキャリアアップの最短ルートだと言えますし、向いている職種の業務に携わることでストレスの少ない社会生活を送れます。

適性を知ることは、自分が社会で活躍しやすい土俵を選ぶための第一歩だと言えるでしょう。

2.自分自身のことを面接官にわかりやすく説明するため

必ずと言っていいほど、面接の場では転職希望者自身の人格について深掘りする質問がされます。

新卒での就活であれば面接で深い質問はされないかもしれませんが、第二新卒での転職は別物と考えましょう。
「どうして前職を辞めたのか?」「前職では何を学び、これからどうしたいのか?」など、退職理由にまつわる込み入った質問がされるのは間違いないでしょう。
その時に、自信を持って回答できないようであれば、面接官に好印象を与えるのは難しいです。

自身の人格や魅力を面接官に理解してもらうためにも、自己分析はしっかりとしてから面接に臨むべきであることがおわかりいただけたでしょう。

20代若手社会人としての「自己分析」の2つのポイント

20代若手社会人の自己分析は、新卒でする自己分析とは方法が異なります。

たとえ短い期間だったとしても、1つの会社に所属し社会人経験を積んだのは事実です。
この経験をもとに、キャリアについてより深掘りした自己分析をする必要があります。

ここでは、20代の若手社会人がすべき自己分析の2つのポイントをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.前職を辞めてわざわざ転職する理由を深掘りする

最も重要だと言えるのが、前職を辞めることになった理由の深掘りです。
キャリアアップなど前向きな理由なのか、それとも会社に対する不満など後ろ向きな理由なのか。
前職の退職の理由によって、今後どのような会社を選ぶべきか方向性が決まります。

自分は前職のどんな点に納得がいかずに退職するのかを理解し、次はそれらを解消できる職場を選ぶよう意識しましょう。

面接官が最も気にするポイントは、前職の退職理由です。自己分析をしっかりし、自信を持って答えられるような回答を用意してください。

2.「好き」と「得意」を明確に切り分ける

仕事探しをする際の基準として、「好きなこと」と「得意なこと」を明確に切り分けて考えるのは大切です。

社会人経験のない新卒であれば、自分はどんな仕事を得意としているのかを理解するのは難しかったかもしれません。
しかし多少なりとも社会人経験を第二新卒であれば、自分がどんな仕事を得意として無理なく続けられるのかが十分わかったはずです。

いくら好きなことを仕事にしていても、成果が出ない期間が長ければストレスは溜まる一方ですよね。

自分の適性を理解し、向いている仕事を選ぶのも転職を成功させるコツの1つだと言えるでしょう。

おわりに

第二新卒での転職を成功に導くに、この自己分析を怠ってはいけません。

新卒で入社した職場を3年以内で辞めるからこそ、第二新卒で転職する際には自分の適性に合った職場を選びましょう。
相性の良い企業で働くことができれば、きっと次はそこで長く勤務できるはずです。

自分のパフォーマンスを最大限発揮できる企業に出会うためにも、今回お伝えした自己分析のポイントを参考にしていただければと思います。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.