第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 似ているようで全然違う!?完全週休2日制と週休2日制ってなに?

似ているようで全然違う!?完全週休2日制と週休2日制ってなに?

Pocket

新卒で入社した会社が激務のため、転職を考えている。そんな第二新卒のあなたは、完全週休2日制と週休2日制の違いを知る必要があります。
この違いをよく理解せずに転職すれば、転職後にミスマッチが起きてしまうかもしれません。

今回は、あまり知られていない完全週休2日制と週休2日制の違いについて解説します。
次こそはしっかり休みがとれる職場に転職したい、そう考えている第二新卒はぜひ参考にしてください。

完全週休2日制と週休2日制って違うの?

完全週休2日制と週休2日制では意味が全く異なります。
この言葉の意味を理解せずに転職すれば、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまうかもしれません。
転職後のミスマッチをなくすためにも、この2つの言葉の違いを学ぶ必要があります。

完全週休2日制とは

完全週休2日制とは、1年間通して毎週2日間の休日があること。
たとえば求人情報に下記のような記載がされている場合、毎週必ず2日間の休みがもらえると考えて良いでしょう。

完全週休2日制(土・日):毎週必ず土・日曜日は休暇になる
完全週休2日制(日・月):毎週必ず日・月曜日は休暇になる
完全週休2日制(日・他1日):毎週必ず日曜日及びその他の曜日1日は休暇になる
完全週休2日制(シフトによる):毎週必ず何らかの曜日で2日間休暇が与えられる

この完全週休2日制が生まれた背景には、三六協定が関係しています。
三六協定とは、労働者を1日8時間、週に40時間以上働かせてはいけなという協定。この協定を守ろうとすれば、必然的に週の休みは2日間になるのです。

週休2日制とは

一方週休2日制は、1年を通して2日間休みの週が月に1回以上あり、それ以外の週は、週に1日以上休みがあることを言います。下記が週休2日制の具体例です。

週休2日制(土・日※ただし、年に3回土曜出社あり):基本的には土日休みだが、状況によって年に3回は土曜出社する必要あり
週休2日制(日・月3回月曜日):日曜日と月に3回月曜日が休みになる
週休2日制(日・第2・3木曜日):日曜日と第2・3木曜日が休みになる

上記のような記載がされている場合、1年を通して毎週必ず2日間の休みがもらえるとは限りませんので注意してください。

また、サービス業では「週休2日制(シフト制により月7回休み)」など記載されているケースがあります。これは月に7回休暇があることは決まっているものの、それがいつになるのかはシフトによるということ。ぜひ覚えておいてください。

週休2日制のメリット・デメリット

上でお伝えした情報を踏まえると、必ず週2日休みが確保できる完全週休2日制の会社に転職したいと思う人が多いはず。では、もし希望の転職先が「週休2日制」だった場合、転職を諦めたほうが良いのでしょうか。ここでは週休2日制が持つメリットとデメリットをお伝えします。

週休2日制のメリット

週休2日制のメリットは、良くも悪くもたくさん働けること。週5日間では到底終わらない業務量を抱えている場合は、週に6日かけてじっくりと業務に取り組めます。
特に繁忙期の飲食店など、忙しい職場では週休2日制のほうが働きやすいのではないでしょうか。

また、週休2日制を取り入れる会社はサービス業界が多いです。
そのため、客数が少なくなる平日に休みがとれる可能性が高いのも、週休2日制のメリットだと言えるでしょう。

週休2日制のデメリット

週休2日制のデメリットは、なんと言っても年間の休日日数が少ないこと。完全週休2日制と比べ、大幅に休日の日数が減ることは間違いありません。

転職の際、「週休2日制」の会社を「完全週休2日制」と勘違いすると大変です。想像以上の休みの少なさに、驚愕することでしょう。

それに、「週休2日制」だからといって日曜日は必ず休めると思ったら大間違い。実は日本の法律では、労働者が日曜日に必ず休むことを義務づけてはいません。
ここをよく勘違いする人は多いですが、「週休2日制」と記載されているからといって日曜日は絶対に休めるというわけではありませんので、そこは注意してください。

また週休2日制の落とし穴は、4週間を通して月に4日以上の休みをとれば問題ないということ。
つまり、最初の週に4日間休暇を取得し、翌週から月末まで休み無く働かされても違反ではないのです。
週休2日制の会社では、結果として激務になる可能性が高いということを覚えておく必要があります。

まとめ

激務で心身を壊し、次の転職先では休暇がしっかりしている会社を選ぼうと考える第二新卒は少なくありません。
次の職場選びは失敗しないよう、完全週休2日制と週休2日制の違いを理解しておくことは重要です。
自分がいったいどの程度休暇が必要なのか、どのタイミングで休暇を取得したいかまで考え転職先を選ぶと良いかもしれません。
第二新卒でこれから転職を考えるのであれば、休暇制度についてよく学ぶことから始めましょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.