第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 第一印象が重要!第二新卒転職の面接できるべきスーツとは?

第一印象が重要!第二新卒転職の面接できるべきスーツとは?

1

Pocket

転職の面接にふさわしいスーツがどのようなものなのか、理解しているでしょうか?

新卒であれば無難にリクルートスーツを着ていれば問題ありませんでしたが、第二新卒の転職は新卒とはまたひと味違います。

そこで今回は、「第二新卒の転職で着るべきスーツ」や「面接の服装でNGなポイント」について解説します。

面接は第一印象が重要

面接は第一印象が重要です。

面接で出会う面接官と応募者は、お互いが初対面。事前に提出した履歴書や職務経歴書しか、応募者に関する情報はありません。

そのような情報量の少ない中、相手を判断できる情報は見た目の印象だけと言えます。場合によっては、見た目の印象で採用の可否が決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。

社会人経験のない新卒であれば多少非常識な格好をしていても気にとめられませんが、すでに社会経験のある第二新卒であれば面接官の目も厳しくなります。
第一印象で面接官に悪印象を与えてしまえば、それ以降一切話を聞いてくれないパターンも珍しくありません。

自身の話を聞いてもらうためにも、見た目には十分気をつけて面接会場に向かいましょう。

リクルートスーツ?ビジネススーツ?

新卒の就活ではリクルートスーツを着用する人がほとんどですが、第二新卒の転職ではリクルートスーツではなくビジネススーツを着るようにしましょう。

リクルートスーツとは、学生が就活用に着る無地のスーツを指します。色は黒やネイビーなど地味なものが多く、シャツも白い無地が基本です。

リクルートスーツが悪いわけではありませんが、一般的には学生が着るものとして利用されるため、すでに社会人経験のある第二新卒が着ると幼稚な印象を与えてしまいます。

またリクルートスーツは安価な物が多いため、幼稚なだけでなく安っぽい印象も与えかねません。
大切な面接の場に安いスーツで臨んでいると思われないためにも、スーツはそれなりに値が張るビジネススーツのほうが好ましいと言えるでしょう。

好まれる服装とは?

男女ともに面接で好まれる服装は、ビジネススーツと言えます。
全体的に統一感を持たせるため、スーツとネクタイの色を揃えるなどすると新卒とは一線置いた印象を与えられます。

基本的には普段着慣れたスーツで面接に臨んでも良いのですが、シミやシワがないよう前日までによく確認しておきましょう。

面接でのスーツの柄は、無地が基本です。業界や企業にもよりますが、ストライプやチェックは好まれない可能性もありますので注意してください。

相手を不快にさせない清潔感のある服装が基本ですので、面接会場に辿り着く前によく鏡で自分の姿を確認するのが重要だです。

オフィスカジュアルと言われたら?

特に女性がよく言われるのが「面接にはオフィスカジュアルで来てください」という言葉です。

このオフィスカジュアル、どこまでカジュアルな服装をして良いのか基準が曖昧で判断が難しいですよね。

一般的にはカットソーにジャケット、タイト過ぎないスカートのコーディネートで問題ありません。

ただ金融などの堅い業種では柄物は好まれない可能性もありますので、自分の受ける業界の傾向を意識して洋服を選ぶのが大切です。
逆にアパレル業界を受ける場合は、あまり堅すぎず少し華やかな服装の方が好まれることもあります。

どんな服装が良いのかわからず迷った時は、服屋の店員さんに聞きながらTPOに合った洋服を選ぶと良いでしょう。

面接の服装でNGなポイントとは

第一印象を左右する、面接での服装。見た目が原因で面接官に嫌われてしまえば、そこから巻き返すのは困難だと言えます。

ここでは面接官に悪印象を与えかねない、面接でNGな服装についてお伝えします。

1. 体型に合っていないスーツ

特に男性は、体型に合っていないスーツを着ないよう気をつけましょう。
スーツのサイズが合っていないだけで、仕事ができないイメージを相手に与えます。

なかなか自分に合うサイズのスーツが店頭で見つからないときは、少し値が張りますがオーダーメイドで注文すると良いかもしれません。

ブカブカのジャケットを着ていたり、丈の短いパンツを穿いていたりすると、なんだか頼りなく見えてしまいます。
サイズ感がピッタリかどうか、仕立屋の店員さんと確認しながら調整しましょう。

2.露出の激しい格好

オフィスカジュアルで面接に臨む場合は、露出度の高い格好にならないよう気をつけましょう。

たとえばミニスカートや肩が出るオフショルダーなど、これらはビジネスの場にそぐわない格好です。

露出度の高い服を着て面接に出るのは、ビジネスを理解していない非常識な人だと思われかねません。

またタイツやストッキングを履かない生足も社会人の常識として厳禁です。面接に適切なオフィスカジュアルの洋服を持っていない場合は、無難にビジネススーツで面接に臨むのがおすすめです。

おわりに

すでに社会人経験のある第二新卒は、新卒と違い面接官から厳しく服装についてチェックされています。
非常識な格好で面接に臨めば、それだけで不採用になってしまう可能性も十分にあります。

面接官に「自分は常識的な人間だ」というのをわかってもらうためにも、面接用の服装は万全に準備しておきましょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.