第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 第二新卒の転職でアピールすべき志望動機とは?まとめ方を解説

第二新卒の転職でアピールすべき志望動機とは?まとめ方を解説

Pocket

第二新卒で転職することを考えたとき、最も重要だと考えられているのが志望動機です。ポテンシャルで採用してもらえる時期だからこそ、きちんとした志望動機を伝えることが必要となります。

では、魅力的な志望動機を作るためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?第二新卒の転職でアピールすべき志望動機のまとめ方をご紹介します。魅力的な志望動機で書類・面接を突破できるように、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機とは

志望動機とは、その企業に入社したいと考えるに至った動機を伝えるものです。これに説得力があるかないかで、選考の印象は大きく変わってきます。

まずは、志望動機のまとめ方を説明する前に、志望動機を構成している4つの要素からご説明します。

1.退職理由

第二新卒で転職活動を行っているということは新卒で入社してから数年の間に退職を決意し、転職活動を行うことになった理由があります。そのため、志望動機にも「なぜ新卒で入った企業を退職しなければならなかったのか」、それなりの理由があると考えるのが一般的です。

単に合わなかったというだけでなく、転職しなければならなかったと相手が納得できる理由を伝えられるようにしましょう。

2.仕事選びの軸

退職理由に続いて気になるのが、仕事選びの軸です。新卒で入った会社を選んだ理由から、今志望している業種・職種を選んだ理由に至るまでに、仕事選びの軸がどんな理由でどのように変化したのかを伝える必要があります。

前職と今回の志望企業に関連性があるのか、あるいは関連性はまったくなく、きっかけがあって志望先が変化したのかなど、明確な理由が求められるでしょう。

3.会社選びの軸

業種・職種などの仕事選びの軸が明確になったら、その業種の中でなぜその会社を選んだのか、という理由が必要になります。

元々計画していた転職でなかった場合、何かしらの問題を理由に前職を退職する決意に至っているわけですから、その反省も踏まえてどのような点を重視して転職しようとしているのか、明確な動機を求められるでしょう。

4.(その仕事が)将来につながる理由

最後に、転職しようと思っている会社での経験が、あなたの将来にどうつながってくるのかを説明することが非常に重要です。

第二新卒の場合は「また数年で退職するのでは」と警戒されている可能性もあります。そこで将来へのつながりのある動機を伝えることで面接担当者を安心させられるようにしましょう。

以上の4つをすべて含んだ志望動機を作成すれば、企業が気にするポイントをクリアすることができます。

志望動機をまとめる前に

志望動機をまとめる前に、先程ご説明した構成要素を満たすものが作れるように自分の考えや思いを振り返ってみましょう。

転職を決意した理由を振り返る

あなたはなぜ転職を決意したのでしょうか?それは何かが起こったときにふと思ったのか、誰かからの助言で思ったのかなど、細かく思い出してください。それをきっかけにどのように考えた結果、「転職しかない」と思ったのでしょうか。

転職して何がしたいのか

「転職しかない」と思ったときやその後に、「転職をして自分は何がしたいのか?」を考えましたか?そのときにどんな答えが出てきたのでしょうか?

何を目指すのか、そのためになぜ転職が必要だったのか、転職先でどのようなスキルや経験を積もうと考えているのか、などを明確に答えられるようにしておきましょう。

志望動機のまとめ方

志望動機をまとめる前の振り返りを終えたら、頭の中で考えたことを文字に起こすなどして、志望動機としてまとめていきます。

仕事の実績よりもなぜその企業に転職したいのか

第二新卒の場合は、基本的に新卒から数年のスキルですから、仕事の実績をアピールすることをメインに転職活動が進むわけではありません。むしろポテンシャル採用といわれているくらいなので、志望動機を伝えることの方が重要といえます。

そのため、仕事の実績よりも「なぜその企業に転職したいのか」を伝えるようにしましょう。

先程お伝えした会社選びの軸を思い出してみてください。その業種・職種の中で、なぜその企業でなければならないのでしょうか。業界の中には最大手や二番手、三番手、他の企業が狙わない分野に特化している企業など、さまざまな戦略を持った企業が存在しています。

それぞれの企業の立ち位置や戦略を調べた上で改めて、なぜその企業を選ぶのかを考えてみてください。その答えを見つけられたら、これまでにあったすべての質問の答えとあわせれば立派な志望動機を完成させることができます。

まとめ方のコツとしては、結論を述べてから、その理由を伝えること。そして、退職理由と将来につながる理由と仕事選び・会社選びの軸を伝わりやすいように並べ替え、最後にまた結論を伝えることです。

これを意識するだけでずいぶんと伝わりやすさが変わってくるでしょう。

志望動機の使い回しはNG

志望動機を使い回すという方法を新卒のときに耳にした方もいるかもしれませんが、やめておくことをおすすめします。なぜなら、会社によって伝えるべき内容が異なりますし、使い回していることは相手先の企業にも大体わかってしまうからです。

併願先を承知している企業に、併願先に持っていったとわかる志望動機を伝えたらどう思うでしょうか?使い回しは失礼にあたりますし、選考結果を悪くする可能性すらあります。しっかり各企業への志望動機を作る時間を確保し、失礼のないように準備を進めてください。

おわりに

第二新卒の転職では志望動機が合否の明暗を分けるといってもいいほど、企業が重視しているポイントです。どのように志望動機をまとめれば、魅力的なアピールにつながるかを志望動機の構成要素と共にご紹介しました。

ここに挙げたすべての質問に答えられる状態になれば、説得力のある志望動機を完成させることができるはずです。転職活動を本格的に開始する前に、すべての質問に納得できる答えが出せるよう取り組んでみてはいかがでしょうか。

きっと、以前よりも魅力的な志望動機を作ることができるはずです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.