転職への第一歩!第二新卒の企業・業界研究

Pocket

第二新卒で転職を考えたとき、「別業界に挑戦しようかどうか」に頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

第二新卒という時期は、仕事に対する意欲や志望動機を重視して採用を行ってくれる企業が多いものです。そのため、スキルや経験を気にせず異業種への転職が可能な時期といえます。

一方で、採用してもらいやすい時期とはいえ、異業種への転職を成功させるためには、丁寧な企業・業界研究が欠かせません。転職成功への第一歩を踏み出すためにもぜひ本記事を参考にしてください。

企業・業界研究の目的

第二新卒で転職をしようと考えたとき、重要となってくるのが企業・業界研究です。第二新卒は短期間で転職をすることになりますから、ともすれば「就職先選びに失敗している」と企業側から見られる可能性があります。

そのため、転職活動のときには「なぜその業界を選んだのか」「なぜその企業でなければならないのか」の答えを相手が納得できるように伝えなければなりません。その理由を説得力あるものにするのが、企業・業界研究です。企業・業界研究をどれだけ綿密に行って志望動機や質疑応答に反映できるかが、第二新卒の転職成功の鍵になるといえます。

企業・業界研究の目的は下記の2つです。その理由をそれぞれご説明していきます。

仕事選びの軸

新卒で入った業界とは違う業界を志望している場合、下記のような質問をされる可能性が高いです。

「なぜ新卒時期とは違う業界に転職するのか、その目的は?」
「短期間で志望が大きく変わった理由は何か?」
「なぜ新卒の就活で気が付かなかったのか?」

新卒時期となぜ違う業界を目指すのかという件に関しては、将来の夢が変わったということを伝えるしかないでしょう。新卒で入った業界よりも今回志望している業界の方に興味を持った、あるいは今の業界よりも向いていると思ったなどの理由では、良い印象を与えるのは難しいでしょう。

また、「なぜ新卒の就活で気が付かなかったのか?」については、正直な反省と共に、なぜそうなってしまったかの原因と、その過ちを踏まえて決断した理由を説明することが必要です。

大切なのは、「今回は絶対にすぐ辞めないだろう」と納得してもらえるような伝え方をすることです。でなければ「数年後、今回と同じように転職していくだろう」と思われてしまいます。

企業選びの軸

業界と企業研究をしっかり行っていれば、「なぜ当社でなければならないのか」という質問にも明確に答えられるはず。業界No.1の企業であれば、その分野でトップの企業だから、社風に惹かれたからなどの理由を伝えてしまいそうですが、それだけでは合格は難しいでしょう。

合格できるようなアピールを作るためにも、これらの質問に答えられるように準備をしてください。

「業界トップの企業に入った後、あなたは何がしたいのでしょうか?」
「それはその企業でないと学べないことなのでしょうか?」
「他の企業との違いを10個挙げてください」
「企業を選ぶとき、どのようなポイントを重視していますか?またそれはなぜですか?」

実際にこのような質問をされるかはわかりませんが、これに答えられないようでは企業選びの軸が十分でない可能性が高いです。

しかし、企業研究をしていけばその企業の理念、働き方の特徴、他社と比べて秀でているポイントが見えてくるようになります。これらに納得のできる答えを返せるかどうかが合否の明暗を分ける可能性が高く、非常に重要度の高い準備が求められることを理解しておきましょう。

企業・業界研究のやり方

では実際に企業研究をどう行えばいいのかをご紹介します。業界研究は下記ステップで行ってください。

1.業界地図などを購入して全体像をつかむ
2.自分が何を魅力に感じているのかを明確にする
3.業界内のランキングと得意分野を把握する
4.主要な取引先とその仕事の影響範囲を調べる

業界研究で大切にするのは、その業界の全体把握と、その業界で自分が何をしたいと思っているのかの分析です。ランキングや得意分野を知って業界内での立ち位置を理解し、その業界の仕事が一体どこに影響するのかを調べましょう。

これらが理解できれば、業界の全体像から志望先企業とそうでない企業の立ち位置、業界内外の経済を把握できます。ここまで理解できれば、どんな部分に自分は魅力を感じていたのかを具体的に説明することができるようになるでしょう。

業界研究が終わったら次は企業研究です。企業研究は、下記ステップで行うことをおすすめします。

1.志望企業とは別の企業のHP、決算報告書、採用ページを見て特徴をまとめる
2.志望企業で同じように特徴をまとめる
3.その違いを把握し、志望先企業のライバルとなる企業も調べる
4.違いを比べた上で、なぜ自分は志望先企業に行きたいのかをまとめる

企業研究でやりがちなのが、いきなり志望企業を調べて終わらせてしまうことです。志望先の企業だけを知っても他企業との違いがわからなければ、その企業ならではの魅力は見つけられません。大切なのは比較であり、これを踏まえることで志望先企業の具体的な魅力を知ることができます。

企業・業界研究の活かし方

企業・業界研究の活かし方は、2つあります。1つは業界・企業選びをするときの決め手、もう1つは書類や面接で志望動機や、選社軸などについて聞かれたときの答えとしてです。

面接・書類で武器にしよう

書類や面接などの短い時間で自分が志望する動機に納得してもらうには、先程の質問に答えるような理由が必要です。

「なぜ新卒時期とは違う業界に転職するのか、その目的は?」
「短期間で志望が大きく変わった理由は何か?」
「なぜ新卒の就活で気が付かなかったのか?」
「業界トップの企業に入った後、あなたは何がしたいのか?」
「それは当社でないと学べないことか?」
「他の企業との違いを10個挙げてください」
「企業を選ぶとき、どのようなポイントを重視しているか?またそれはなぜか?」

これらの質問に答えられるようになっていれば、どうしてあなたがその企業を志望しているのか、他の企業ではだめな理由は何かなどが明確に伝えられるようになっているはずです。志望動機などを聞かれたときには、必ずこの2つを含んだアピールを武器にしましょう。

おわりに

第二新卒の転職には欠かせない、企業・業界研究のやり方や活かし方についてご紹介しました。第二新卒は転職者の中でも特に業界や企業を選んだ理由について聞かれることが多く、企業・業界研究した内容を含めた志望動機でアピールすることが大変重要になってきます。

きちんと企業・業界研究をして、充実した志望動機を作成し、転職成功への一歩を踏み出してみてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.