第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 第二新卒の転職で失敗しないために!知っておくべき残念なパターン4選

第二新卒の転職で失敗しないために!知っておくべき残念なパターン4選

Pocket

新卒で働いてから数年経った、第二新卒の時期に転職する方が最近多くなっています。その影響を受けて第二新卒向けの転職エージェントが増加しているのをご存じでしょうか。

第二新卒は転職しやすい時期といわれていますが、油断しすぎて失敗することがないように、知っておきたい残念なパターンを4つご紹介します。チャンスをみすみす逃すようなことがないように、しっかり頭に入れてから転職活動に取り組んでみてください。

せっかくの第二新卒の時期に転職に失敗するのは残念

第二新卒とは一般的に、新卒で数年働いてから転職をする人のことを指します。企業は貴重な若手人材を採用できること、仕事の基礎を身につけていることなどを背景から、第二新卒の採用に積極的な姿勢を持っています。

ポテンシャル採用といわれ、社会人人生の中で転職が成功しやすい時期ともいわれる第二新卒の転職。そんなよい時期に転職を失敗してしまうことは非常にもったいないですし、今後のキャリアにも影響してくる可能性があります。

採用率が高いからと「たかをくくる」ことなく慎重に行って、見事成功を勝ち取れるように事前準備をきちんとすることが大切です。

知っておきたい失敗パターン4選

せっかくの第二新卒時期の転職でミスをしないためにも、知っておきたい失敗パターン4選をご紹介します。

1.転職の目的が会社を辞めることになっている

失敗パターンの1つ目は、転職の目的が会社を辞めることになっている場合です。第二新卒の転職は「新卒で入った会社が合わなかった」「仕事内容が希望しているものではなかった」などの理由がよく挙げられます。

そんな気持ちになってしまうこと自体は仕方ないでしょう。しかし、それだけを理由に辞めてしまうことはおすすめできません。なぜなら、転職活動を行うときに転職理由を必ず聞かれますが、この転職理由はマイナスの印象を与えてしまうからです。

第二新卒の転職の場合、「またすぐに辞めてしまうのではないか」という懸念は、採用を判断する上で大きな割合をしめています。若手でまだスキルがない状態でやりたい仕事はできないですし、会社で働いていれば少なからず「合わない」と感じる部分はあるもの。「それを理由に辞めてしまったのか」と思われると、採用の道は閉じてしまうということです。

マイナスの理由で辞めたとしても、「今後のキャリアで◯◯を目指しているため、◯◯分野の先駆者である御社に~」というような転職理由を伝えられれば問題ありません。なお、質問で深掘りされてもボロが出ないよう用意周到に準備を進めましょう。

2.一貫性がない

2つ目の失敗例は一貫性がないことです。第二新卒は社会人経験が数年で、即戦力となるスキルを持っていないことが多いものの、転職を受け入れてくれる企業は多数あります。ただし、油断はできません。第二新卒の転職で成功するために必要なのは「一貫性」です。

第二新卒の場合はキャリアアップ転職(同業種あるいは同職種)、キャリアチェンジ転職(異業種・異職種)の両方が選択肢に挙がってくることも多いですが、それぞれ一貫性を持った発言が必要です。

キャリアアップ転職の場合は、企業選びの軸や目指したいスキルアップの方向性についての一貫性が重要視されます。キャリアチェンジ転職の場合はそれに加えて、将来の目指す方向性がどのように変化したのか、それが将来にどうつながっているのか一貫性を持った意見を伝えることが大切です。

第二新卒はポテンシャル採用してくれますが、この一貫性についてはかなり細かく質問される可能性がありますので、どんな質問にも答えられるように準備しておきましょう。

3.目的意識がない

3つ目の失敗パターンは目的意識がないことです。第二新卒は転職しやすいという情報を知っている方も多いため、失敗することはないだろうと思ってなんとなく会社を辞めて、なんとなく転職をしようとしてしまうことがあります。

もちろん、第二新卒で採用されやすい時期であっても、目的意識のない方は落とされる可能性が非常に高いです。注意しましょう。

・新卒のときになぜその企業を選んだのか?
・その企業ではどんなことを身につけるつもりだったのか?
・それはどの程度達成できたのか?
・なぜこのタイミングで転職を考えたのか?
・今回当社(志望先の企業)を選んだのはなぜか?
・将来のキャリアプランを教えてください。

上記の質問にすべて答えることができるかどうかで、自分の転職に目的意識があるかを確認してみてください。思い浮かばないという方は、今は転職すべきではないかもしれません。答えが出せるようになってから転職するようにしましょう。

4.仕事を辞めてから転職先を探す

4つ目の失敗パターンは、仕事を辞めてから転職先を探すことです。なぜこれが失敗パターンなのかというと、2つ理由があります。1つは焦って転職先を決めてしまう可能性が高いこと、そしてもう1つはブランクが空いた場合、採用されない可能性が高いことです。

まずは焦って転職先を決めてしまう可能性についてですが、他のみんなが転職に成功している、あるいは働いている中、自分だけは無職という状態が続くとなんとしてもすぐ働かなければと思い、いつのまにか「転職」することがゴールにすり替わってしまうことがあります。

本来は「将来のキャリアプランにつながる会社に転職して、キャリアにつながるスキルを学ぶ」ことがゴールのはずなのですが、焦りからそれを忘れてしまうのです。

さらに社会人ともなれば自分で生計を立てる必要がありますから、貯金がなくなることの焦りも加わってきます。そういった焦りがない状態で転職活動することが大切です。

もう1つの理由である、ブランクが空いた場合、採用されない可能性が高い件については、「第二新卒という採用されやすい時期なのに、採用が決まらずブランクが空くなんて、なにか問題があるのかも」という印象を与えてしまうことがあります。

つまり、第一印象が悪い状態で面接に進んだとしても、理想通りの結果を得られない可能性が高いということです。退職時期については転職先が決まってからと考えておきましょう。

おわりに

転職成功しやすい第二新卒の時期に転職を失敗してしまわないよう、よくある失敗パターン4選をご紹介しました。考えてみれば納得できるという理由が多いと思いますが、辞めたいという気持ちの強さでとりあえず辞めてしまうということも少なくありません。

大事な時期の転職活動で成功できるように、この4つの例が自分に当てはまっていないか確認してみてください。参考にして行動することで、きっと転職成功に近づけるはずです。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.