第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 第二転職の求人でも見かける!?トライアル雇用って何?

第二転職の求人でも見かける!?トライアル雇用って何?

Pocket

トライアル雇用という言葉を聞いたことはありますか?

本採用前のトライアル雇用では、求職者が入社前に「その企業が自分に合っているのかどうか」を見極めることが可能になります。

今回は、まだまだ社会に浸透しておらず馴染みの薄いトライアル雇用について解説していきます。

トライアル雇用とは

トライアル雇用とは、ハローワークや職業紹介事業者を通し、企業側が一定期間労働者を雇い入れる雇用形態を指します。雇用期間に定めがあることが、正規雇用との違いです。

このトライアル雇用の期間は3ヶ月と定められており、3ヶ月を超えると雇用側は常勤の社員として扱わなければいけません。

トライアルとして勤務している最中は、労働者は自分がこの企業に合っているのかどうかを見極められますし、雇用者も今後その労働者を雇用し続けるかどうかを判断できます。
トライアル雇用は、労働者と雇用者の双方にとって「お試し期間」的な意味合いを持つと言えるでしょう。

常勤社員になる前にその職場での仕事を体験することで、入社後のミスマッチを減らし早期離職を防ぐ効果があります。

トライアル雇用の対象者

このトライアル雇用には、どんな人でも応募できるというわけではありません。
トライアル雇用に応募できるのは、下記の条件のいずれかを満たしている求職者のみとなります。

・就労経験はないが、これから就職したい意志がある人
・学校を卒業してから3年以内で、その間安定した職業に就いていない人
・紹介日前の前日から過去2年以内に、離職や転職を2回以上繰り返している人
・紹介日から過去2年以内、離職している期間が1年を超えている人(パートやアルバイトもしていないこと)
・妊娠、出産、育児などが原因で紹介日から過去1年以内、安定した職業に就いていない期間が1年以上を超えている人
・生活保護受給者、母子家庭の母、父子家庭の父、日雇い労働者、季節労働者、中国在留邦人等永住帰国者、ホームレス、住居喪失不安定就労者のいずれかに該当し、就労に関して何らかのサポートが必要な人

トライアル雇用のメリット・デメリット

「就業経験の少ない人へ、就職の窓口を切り開かせる。」そんなトライアル雇用は一見メリットしかないように思えますが、問題点も存在します。
ここではトライアル雇用のメリットとデメリットを紹介しますので、これからトライアル雇用を利用して就職を考えている人はぜひ参考にしてください。

トライアル雇用のメリット

トライアル雇用最大のメリットは、就業経験の少ない人でも未経験の職種に挑戦できることだと言えます。
未経験職種にも応募できるため、新たな道でキャリアを形成することが可能です。

その他のトライアル雇用のメリットと言えば、雇用の際のミスマッチを減らせることも挙げられるでしょう。
常勤として働く前に就職予定の企業で業務をすることで、「実際にこれから先も継続して働くことができそうか?」を労働者が判断できます。

トライアル雇用の段階でこの仕事(あるいは企業)が自分には向いていないと判断すれば、常勤社員として働くことを断っても問題ありません。
本格的に雇用される前に自分で適性を判断できるのも、トライアル雇用のメリットです。

トライアル雇用のデメリット

一方、トライアル雇用のデメリットと言えば、正規の社員と比べて安定性が低いということだと言えます。
トライアル雇用で勤務する3ヶ月の間で、もし雇用者側から「この労働者は適性がない」と判断されれば契約が打ち切られてしまう可能性が十分にあります。
もしここで本採用を見送られてしまえば、「3ヶ月で退職」という早期退職の職歴を作ってしまうことに繋がります。

また、そもそもトライアル雇用制度を取り入れている企業自体が少なく、トライアル企業で働ける企業の選択肢が少ないというのもデメリットだと言えるでしょう。
近年トライアル雇用制度を取り入れる企業は増えてきたものの、世間一般に普及しているとは言いがたい状況です。
自分が働きたい企業にトライアル雇用制度があるのかどうか、あらかじめ調べておく必要があります。

未経験でも転職できるチャンスが!?

上記でも取り上げましたが、未経験の職種に転職できるチャンスがあるのがトライアル雇用のメリットだと言えます。
特にエンジニアなど、それ相応の知識が必要な職種であっても、トライアル雇用であれば知識や経験ゼロからでも応募が可能です。

トライアル雇用では、経験を積みながらスキルを習得できます。
前職とはまったく異なるキャリアを積みたい人は、トライアル雇用を利用するのも1つの手だと言えるでしょう。

まとめ

就業経験が浅く、転職に踏み切るのが怖い。そんな人にこそトライアル雇用はピッタリの制度だと言えます。
トライアル雇用を使えば本採用後のミスマッチを減らすことも可能ですし、事前に職場の雰囲気を知ることができるため不安要素は少なくなるはずです。

これから転職を考えている人は、トライアル雇用も視野にいれてはいかがでしょうか?

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.