第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > フリーターから正社員に就職しやすい人とは?どんな人がどんな業種に就職しているのか調べてみた

フリーターから正社員に就職しやすい人とは?どんな人がどんな業種に就職しているのか調べてみた

Pocket

「フリーター期間が長く就活を始めるのが不安で、実際に就活に向けた行動に踏み切れない」そんな人も多いのではないでしょうか。
確かに正社員として勤務していない期間が長くなればなるほど、自分が社会で通用するのか不安になってしまうものですよね。

今回はそんな人に向けて、フリーターから正社員に就職するのにおすすめの業界・職種を紹介します。
また、どんな人がフリーターから正社員になりたいのかについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

どんな人がフリーターから正社員になっているのか?

まず知っておきたいのが、どんな人がフリーターから正社員になっているのかという点についてです。
どんな人が正社員になりやすいのか理解しておくことで、今の自分に何が足りないのかを知ることができます。
フリーターから正社員になるためには一体何ができるのか、ここでお伝えする2点を参考に考えてみてください。

1. フリーターになった理由を明確に説明できる

正社員ではなくフリーターとして働く理由は何なのか、これについて面接で聞かれたときに自信をもって答えられるでしょうか。
何の理由もなくただ流されるままフリーターになったのであれば、もしかすると正社員への就職は難航するかもしれません。

たとえば資格の勉強や叶えたい夢があったなど、目的意識があってフリーターになったのであれば、それは面接の場でアピールポイントにすることも可能です。

これから就職活動を始めるのであれば、まずは自己理解の意味もかねて、自分がフリーターになった理由を今一度問いただしてみるのが良いでしょう。

2. フリーターとして働いている間も何かしら努力していた

世間一般からのフリーターのイメージは、正直あまり良くないことが多いです。
企業の面接官の中にはフリーターに対して「まだ学生気分が抜けてないのでは?」と考え、フリーターを採用するのに抵抗感がある人もいます。

そんな中、フリーター時代にも何かしら努力をしていた人は就職しやすいです。
難関資格の勉強をしていた、家業を手伝っていたなどといった内容が一例です。フリーター時代に怠けていたのではなく何か目標に向かって努力していた人は、入社後もきっと変わらず努力できる人材だと企業側からは認識されます。
何かに愚直に努力できる人は、たとえフリーターだとしても魅力的な人材に映るでしょう。

フリーターでも正社員就職のチャンスがある業種・職種2選

フリーターからの正社員就職は不可能ではなく、適切な努力と工夫をすれば誰にでもできます。
ただ、その中でも正社員として就職しやすい業種と職種は存在します。

もしも「この業種(あるいは職種)でしか働きたくない」という頑なな意思がないのであれば、少し視野を広げて仕事探しをするのが良いかもしれません。

ぜひ今からお伝えする、正社員就職のチャンスがある業種と職種を候補に挙げてはいかがでしょうか。

1.飲食業界

フリーターから就職しやすい業種の代表例が、飲食業界です。ファーストフード店やコンビニチェーン店は、アルバイトなどのフリーターとして採用してから正社員として登用する店舗も少なくありません。特に、採用人数が多い大規模な店舗はフリーターから正社員登用する傾向が強くありますので、そういった大型店を狙ってみてはいかがでしょうか。飲食業界は比較的シーズンに関係なく、常に正社員の募集がかかっています。働き方としてはシフト性がほとんどのため体力のない人にとっては少し厳しい現場かもしれませんが、飲食業界で正社員として働いた経験は今後の糧になるはずです。

2.営業職

営業職は、未経験からでも積極的に人材を募集しています。基本的に営業職は特別なスキルを必要としないため、やる気さえあれば誰にでも挑戦することは可能です。
未経験からも挑戦できる営業職でコミュニケーション能力を磨き、また違う業界へ転職する人も珍しくありません。

それに、入社した会社で営業マンとして数字を出して認められれば、その会社で出世するのも難しくはないでしょう。

もし正社員として就職したいけど目に見えるスキルがなくて不安だと考えているのであれば、まずは営業職から始めてみるのも良いかもしれません。

どんな人がどういう業界・職種に行くとよいのか?

どんな業界や職種に行くべきなのかは、自分の性格や資質を考慮するのが良いでしょう。

たとえば上でおすすめした営業職。人とコミュニケーションをとるのが嫌いな人、臨機応変に対応するのが苦手な人がこういった職種につくのはおすすめできません。

自分の性格や資質に合わない仕事を選んでしまうと、早期離職の可能性が一気に高まります。
フリーターから正社員として就職するのであれば、まずは自己分析をしっかりすることが重要。長続きできる業界・職種に出会えるよう、自分と真剣に向き合うようにしましょう。

おわりに

フリーターから正社員に就職するのは難しいことではありません。
フリーター時代に培った経験やノウハウを、正社員として働くときに生かすことも可能です。
自分の今までの経験や持ち合わせている性格を吟味し、自己分析をしっかりしてから就活に臨むのが、フリーターから正社員への就職を成功させるポイントだと言えます。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.