第二新卒でUターン・Iターンするメリット・デメリット

Pocket

どの場所で働くか、勤務地は転職を考えるうえで重要なポイントとなります。

将来は、実家のある地方で働きたい。都会から離れて田舎で働きたい。
そう考える人は多いのではないでしょうか。

そんな人に知ってもらいたいのが、UターンやIターンでの転職です。
今回は、最近少しずつ人気が高まってきている、Uターン・Iターン転職のメリットとデメリットをお伝えします。

UIターンとは?

まずUターンとは、進学や就職で故郷を離れ都会に上京した人が、都会で習得したスキルを持って、就職や転職をきっかけに故郷へ戻ることを言います。
将来は慣れ親しんだ地元で生活したい、都会での経験を生かして地元に貢献したい。そう考えている人は、Uターン転職を推進している企業への転職を考えると良いでしょう。

一方Iターンは、生まれ育った地域以外の場所へ移住し働くこと。特に、東京など都市部から田舎へ移住することを指します。
今まで都会で生活してきたものの、都会での生活が合わずに田舎でゆっくりしたいと望む人がIターンを決意するケースが多いです。

UターンやIターンで優秀な人材を確保したいと考える企業は多く、近年求人数は増加傾向にあります。

次にそれぞれのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

Uターン転職のメリット

Uターンの1番のメリットは、やはり実家の近くで生活できることではないでしょうか。
出産や育児の際に親の助けを借りようと考えている人は、Uターンで地元の企業に転職すればかなり気が楽になるでしょう。

また育児という面で言えば、田舎は待機児童の問題が深刻化しておらず、比較的子育てしやすい環境だと言えます。

その他にUターンのメリットとして挙げられるのが、都会と比べて居住費が安くすむという点です。
同じ家賃でも、都会より地方のほうがクオリティの高い家に住めるケースは少なくありません。

また、UターンやIターンの場合、自治体によっては助成金を受けられるケースもあります。こういったお金の面については、あらかじめ調べておくのがおすすめです。

Uターン転職のデメリット

逆に、Uターン転職のデメリットと言えば、都市部と比べて求人数が少ない点が挙げられます。特に、田舎になればなるほど求人の数は減ります。

それに、数だけはなく選べる職種の幅も狭まると考えて間違いありません。
最先端の情報や技術はやはり東京に集結するため、東京では就けるのに地方では就けない職種も存在します。
Uターンを使い田舎で働きたいと考えても、実際に自分の希望する職種に就けるかどうかは別問題だと留意しておきましょう。

また、居住費や生活費など諸々の費用が安くすむ反面、給料も下がる傾向にあります。
そのため、元々東京の一般的な企業で働いていた人は、転職後に給料が下がることを覚悟しておく必要があるかもしれません。

Iターン転職のメリット

Iターン転職のメリットは、自分の好きな地域で生活できる点でしょう。
東京での生活に疲れ消耗していた人も、Iターンで田舎に移住し、快適な生活環境を手に入れることは可能です。

東京の企業で勤務する場合、毎日満員電車に揺られながら通勤していたのかもしれませんが、地方ではそのような窮屈な環境に身を置く必要はありません。
Iターンで地方に移住したことにより、ストレスが緩和される人は多いはず。

最近では東京や大阪など主要都市でUターンやIターンの説明会を開催する企業も多く、都会にいながらにして、地方移住のリアルについて話を聞く機会を得られます。

Iターン転職のデメリット

Iターンのデメリットとして挙げられるのが、孤独感に苛まれる可能性が高い点です。

Uターンであれば親や旧友が近くにいるケースも多いですが、Iターンの場合は近所に知り合いがいないのが一般的です。
慣れない土地で1人寂しく生活するうちに、孤独に耐えられず東京へ戻る人も少なくありません。

また、東京での便利な生活に慣れている場合、あまりの娯楽施設の少なさにストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。
まったく知らない土地への転職を考える場合は、すぐに移住を決意するのではなく、一度訪れて「本当に自分はここで生活できるのか」を見定めてから転職を決断するのが良いでしょう。

UIターン転職の進め方

UターンやIターンとして地方へ移住する人の数は年々増えていて、それに伴い多くの企業が東京や大阪など大都市で説明会を開催しています。
まずは企業の説明会に参加し、UIターンについて具体的な話を聞くところから始めてはいかがでしょうか。

仕事の都合で説明会に参加できない人は、UIターン専門の転職サイトに登録するのがおすすめです。
そこにはUIターンに特化した求人が多数掲載されていますので、その中から自分の希望の地域や職種にマッチした会社を見つけられます。
求人だけではなく、実際にUIターンで地方移住した人の体験談も掲載されていますので、すでに転職して地方で働いている人の声を参考にするのも良いでしょう。

まとめ

都会での生活が合わず、田舎暮らしを考える人は年々増えてきています。
UIターンで地方の企業に転職し、そこで自分の理想とする働き方や生き方を見つける人も珍しくありません。

現在都会で働いているものの、「本当にこのまま働き続けていいのだろうか」と疑問を抱えている人は、UIターンを視野にいれてはいかがでしょうか。
地方移住も、私たちの暮らしをより良くするための選択肢の1つ。自分らしく働ける場所はいったいどこなのか、よく考えてみると良いかもしれません。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.