第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 業界別転職知識 > 大学職員へ第二新卒が転職するには?求められている必要事項と注意点

大学職員へ第二新卒が転職するには?求められている必要事項と注意点

1

Pocket

第二新卒の転職先で、特に人気が高いといわれているのが「大学職員」です。残業や休日出勤が多く、ワークライフバランスを保てなかったという理由で退職した人ほど、収入も労働時間も安定している大学職員という仕事に魅力を感じやすいとされています。

しかし、大学職員は新卒でもかなりの狭き門であるため、売り手市場の第二新卒の場合も転職を成功させるのは難しいです。こちらでは、第二新卒が大学職員に転職する可能性や、転職を成功させるポイントについて解説します。

第二新卒にとってメリットが大きい大学職員の仕事

ストレスが少なく収入も安定している

大学職員として働くメリットは、休日や労働時間がはっきりしていて、残業が少なくお休みもきちんと取れるという点ではないでしょうか。その他、勤続年数が長くなるとともにきちんと昇給があり、どちらかというと公務員の要素が強いところもポイントに挙げられるでしょう。

また、一般的にストレスの少ない環境なので、職場の人間関係も円滑であることが多く、不満なく働いている人が多い印象でした。

もちろん大学によって環境は異なりますが、安定して働きたい人や、ストレスで前職を退職した人にとっては強い魅力を感じる仕事かもしれません。

スキルアップやモチベーション維持が難しい?

メリットに目が向きがちな大学職員の仕事ですが、デメリットもあります。

例えば、常に穏やかに働ける職場なので、スキルアップをして自己成長を遂げたいという意欲が失せやすく、仕事に対するモチベーションを保ちにくい環境であるということが挙げられるでしょう。

また、人間関係は円滑であるものの、「上司のいうことが絶対」という環境の大学が多く、職場環境や業務内容を改善したいと思っても、実現しにくいことがあります。

上司が明らかに間違っていたとしても、その間違いが認められない職場環境は、雇用条件がよくても働きやすい職場だとはいえないかもしれません。

2

第二新卒が大学職員への転職を成功させるには

募集枠自体が少ない狭き門であることは否めない

大学職員の仕事は、新卒や中途採用を含めて非常に人気が高いので、売り手市場の第二新卒でも狭き門であることは否めません。
まずはどんな大学で働きたいのかをリサーチし、その大学で第二新卒の採用を行っているかをチェックしてみましょう。第二新卒採用枠を設けているところは少ないと思われますので、中途採用で第二新卒の応募が可能であるかを確認してください。

母校のほうが採用確率は高い?

すべての大学について言えるものではありませんが、大学職員は母校で働いている人が多いというデータがあります。このため、まずは自分の母校が求人を募集しているかをチェックしてみるのもひとつの方法です。

また、先輩で母校の大学職員として働いている人がいたら、紹介採用が可能かを訪ねてみるのもよいでしょう。

転職エージェントで募集情報を入手する人も

大学職員の仕事は求人情報が少ないため、効率よく転職活動を行うために転職エージェントを活用している人もいます。

転職エージェントでは非常に多くの求人情報を持っているほか、非公開求人として登録者でないと得られない求人情報もありますので、希望する大学職員の仕事が見つかるかもしれません。

プラスアルファのスキルを活かして転職活動に臨もう

大学職員の仕事は人気が高く、募集が行われたとしても応募が殺到する可能性が高いです。内定を得るには、志望動機や退職理由をしっかり説明するのはもちろん、ほかの応募者にはないスキルを持っていることが大きなアピールにつながります。

海外留学生の多い大学では語学のスキルが役立ちますし、システム関連の知識があれば大学内のネットワーク管理の仕事に役立ちます。大学職員として働くために活かせるスキルを身に着けて、自信を持って転職活動に励めるよう努めましょう。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.