第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > 基礎知識 > 第二新卒でベンチャーへ!ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット3選

第二新卒でベンチャーへ!ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット3選

Pocket

大企業が人気だった昔と比べ、最近ではベンチャー企業の人気が高まりつつあります。
もちろんそれは新卒での就職に限らず、第二新卒での転職でも変わりはありません。

今回は、ベンチャー企業へ転職する際のメリットとデメリットを紹介します。
第二新卒でベンチャー企業への転職に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業について明確な定義がされているわけではありませんが、ベンチャーと称される企業の多くは新しいサービスやビジネスに着手し、展開しているのが特徴です。

小規模から中規模の会社が多く、これからの成長し大きく化ける可能性が高いのがベンチャー企業の面白さといえます。
そのため、ベンチャー企業には大企業と比べて競争心や向上心の強い人が多く集まる傾向にあります。

自分のスキルやポテンシャルを生かし、より高みを目指したいと考える人にはうってつけの環境だと言えるでしょう。

第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット3選

ベンチャー企業への転職を考えている人が知りたいのは、そのメリットとデメリット。

特に転職経験のない第二新卒であれば、余計に想像がつかないでしょう。ここではベンチャー企業の持つメリットとデメリットを解説しますので、これからベンチャー企業への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

1.年齢に関係なく実力が高ければ評価される土俵が整っている

能力が高い人にとって、ベンチャー企業は最高の環境だと言えるでしょう。
年功序列で評価されることは少なく、仕事ができれば若手でも昇進できます。
今まで大企業で評価されなかった人が、ベンチャー企業で輝くケースは珍しくありません。
学歴や職歴は関係なく、とにかく結果を残せる人が評価されるのです。とにかく会社で成長したい、競争の中で自分の能力を試したい、そんな人にベンチャー企業はおすすめです。

2.若手でも責任感のある仕事を任せてもらえる

実力主義のベンチャー企業では、年齢にかかわらず若手でも責任感のある仕事を任せてもらえます。
大企業であれば最初は雑務から始まり、徐々に責任感のある業務を任されるようになりますが、ベンチャー企業ではそんな悠長なことは言ってはいられません。

安定性の低いベンチャー企業が求めるのは、とにかく結果を出すこと。
そのため新卒や第二新卒でもリーダーシップを取ったり、多額の予算を動かしたりするような貴重な経験を積めるのです。

3.幅広い業務に携わることができる

少数精鋭のベンチャー企業では、1人で複数の業務を担当するのは珍しくありません。
大企業であれば営業、経理、事務など職種によって人が配置されますが、ベンチャー企業では1人でそれら全ての業務をカバーすることもしばしばです。

複数の業務を担当することで、多様なスキルを身につけられます。
今後会社を立ち上げて社員を管理したいと考えている人は、ベンチャー企業で経験を積んでおくと役に立つでしょう。

第二新卒でベンチャー企業に転職するデメリット3選

バリバリ仕事をしたいと考えている第二新卒にとって、ベンチャー企業はピッタリの職場です。
しかし、そんなベンチャー企業にもデメリットは存在します。そのデメリットを知らずに、メリットだけを期待して安易に転職するのは危険でしょう。
ベンチャー企業への転職を考える人は、そのデメリットもよく知る必要があります。

1.大企業と比べて倒産するリスクが高い

ベンチャー企業のデメリットと言えば、大企業と比べて倒産のリスクが高いということ。
実績がほとんどないベンチャー企業は、社会から信頼されているとは言いがたいです。
これから未来に向けた新しいサービスを提案するため、そのサービスが社会に受け入れられるかは不透明。
もし生み出したサービスや製品が世間に受け入れられなければ、会社が倒産してしまう可能性は一気に高まります。

この不確実性こそベンチャー企業の面白いところだと言えますが、常に倒産のリスクと隣り合わせだということは覚えておくべきでしょう。

2.組織が整っていなく業務がマニュアル化されていないことが多い

創業年数の浅いベンチャー企業では、組織が体系化されていないことも珍しくありません。誰が何の業務を担当するのか明確に定められていなく、1人でキャパを超えた業務を抱えてしまうこともあるでしょう。

また、今から自分たちで会社を作り上げていくため全てが手探り状態です。
大企業のように業務がマニュアル化されているわけでもないため、臨機応変な対応が求められます。
決められた型に沿って仕事をするのが得意な人にとって、ベンチャー企業は少し息苦しさを感じるかもしれません。

3.福利厚生が充実していないことが多い

大企業と比べ、福利厚生が充実しているベンチャー企業は少ないです。
基本給はもちろん、通勤手当や家賃補助など、大企業の福利厚生はかなり手厚いと言えるでしょう。
ベンチャー企業は基本給が高いところも少なくありませんが、その代わりに諸々の手当が存在していないケースもあります。
ベンチャー企業に転職するのであれば、提示されている給与に一体何の手当が含まれているのかをよく確認するようにしましょう。

まとめ

会社という組織を利用して成長したいと考える人にとって、ベンチャー企業への転職は最適な選択だと言えます。
ただ、何事にも良い面と悪い面がありますので、そこを理解したうえで転職を決断するようにしましょう。
第二新卒のような社会人経験のある若手を求めるベンチャー企業は現在非常に多いです。
自分の実力を伸ばしたい人は、ベンチャーへの転職を視野にいれてはいかがでしょうか。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.