第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai > 第二新卒転職コラム > お役立ち情報 > 次は福利厚生が充実しているところで働きたい!第二新卒転職で注目したい福利厚生とは?

次は福利厚生が充実しているところで働きたい!第二新卒転職で注目したい福利厚生とは?

Pocket

会社の福利厚生を基準に転職先を選ぶ人もいますが、そもそも福利厚生とはいったい何なのかを具体的に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

福利厚生が充実した企業を転職先として選ぶことは、より良い社会生活を送るために重要です。
より良い社会生活を送るためにも、まずは福利厚生とは何なのかを学ぶようにしましょう。

今回の記事では、転職先を選ぶ際に重要視すべき福利厚生についてお伝えします。
現在の職場を退職し、今よりも福利厚生の充実した会社に転職を希望する第二新卒はぜひ参考にしてください。

福利厚生とは?

福利厚生とは、従業員及びその家族が健康で幸福な社会生活を送るために企業が行う制度や取り組みのことを指します。

具体的な福利厚生の内容は企業により異なりますが、基本的には「企業が従業員の利益を考えて行う施策」はすべて、福利厚生と呼んで間違いないでしょう。

就職や転職の際に福利厚生を重視する人は多く、福利厚生の良い会社は人気度も高い傾向にあります。

一般的に、福利厚生の充実した会社へ就職や転職したいと考えるのは一般的ですので、より優秀な人材を確保するためにも、どの企業も常に自社の福利厚生を充実させるよう努力していると言っても過言ではありません。

「法定福利厚生」とは?

福利厚生の中身は具体的に、「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2つに分けられます。まず法定福利厚生ですが、これは企業が最低限従業員のために負担すべき最低限の保障のことを意味します。
具体的には健康保険や介護保険、厚生年金保険のような社会保険料。その他、労災保険や雇用保険などの労働保険のことを指します。
社会保険料については会社が半分負担、労災保険は会社が全額負担、そして雇用保険は一般的には企業側が6割負担することが法律で定められています。

基本的に法定福利厚生はどの企業でも制度として取り入れられていますが、ブラック企業ではこの法定福利厚生が取り入れられていないケースが存在するのも事実ですので、入社前によく確認しておくようにしましょう。

「法定外福利厚生」とは?

一方、法定外福利厚生とは法律で定められていないその企業独自の制度や取り組みのことを言います。
具体的には、家賃補助や健康診断の定期費用、会社が保有する保養所の利用権利や社内レクリエーションなど内容はその企業によって変わります。

法定外福利厚生は法律で定められていないため、企業がこれらのサービスを取り入れられなくても問題になることはありません。
しかし転職市場が活発化する現代社会では、法定外福利厚生の充実度が高い企業は求職者から人気を集めやすい傾向にあります。

また、他社にはない少し変わった福利厚生を導入している企業はメディアに取り上げられやすく、マスコミを通して自社が優良企業であるということを世間にアピールしやすいとも言えるでしょう。

福利厚生が充実している会社の探し方

自分の目標やキャリアプランを考えて転職先を選ぶのは、もちろん重要ですが、それと同じくらい重要なのが、「転職先が社員を大切に扱う企業かどうか」ということです。

それを知るためにも、入社前に福利厚生の充実度を調べておくのは重要な作業だと言えます。

ここでは転職希望者が知っておくべき、福利厚生が充実している企業の探し方についてお伝えします。

1.企業ホームページで確認する

福利厚生が充実している企業を探すためにすべき最初の行動は、その企業の公式ホームページから情報を収集することではないでしょうか。

インターネットの口コミや評判には事実と異なる情報が紛れ込んでいることが多々ありますが、企業ホームページに記載されている内容に誤りがあることは滅多にありません。
そのため、福利厚生を確認したいのであればまずはその企業のホームページから情報を入手するのが一番確実だと言えるでしょう。

また企業ホームページには、すでにその企業で働く先輩社員のインタビュー記事が記載されていることがあります。
そこで働く社員が自社の福利厚生について言及していることもありますので、一度目を通しておくと良いかもしれません。

2.OBや転職エージェントに聞く

すでに転職を希望する企業で勤務している知り合いがいるのであれば、直接話を聞く方法がおすすめです。

企業ホームページ内には素晴らしい内容の福利厚生が記載されていても、実際にそれを利用する社員は満足度が低いケースがあります。
ですので、企業ホームページに記載されている福利厚生と、実際にそれを利用する社員の間にギャップがないか確認するとより安心感が持てます。

また、今まで何人もの転職者を輩出してきた転職エージェントの担当者に話を聞くのも有効な方法だと言えるでしょう。
インターネットで確認するだけでは不安な人は、第三者に話を聞くと良いかもしれません。

福利厚生が手厚い会社で安心して働こう

福利厚生が手厚い企業が必ずしも素晴らしい職場であるとは言えませんが、優良企業である可能性は高いと言えるでしょう。
社員の生活やモチベーション維持に費用を惜しみなく使う企業は、社員を大切に扱う気があることの表れです。

転職先を探す際は、自分のキャリアプランや将来像を意識するのと同時に、転職先が社員を大切に扱う会社かどうかというのも考慮するのが重要です。

おわりに

新卒で入社した企業を3年未満で退職した第二新卒にとって、次に転職する会社では極力長く働きたいと思うはずですよね。

自分にとって働きやすい環境で働くためにも、転職先を探す際は福利厚生に注目するよう意識しましょう。

そのためにも、まずは福利厚生とは何なのかを理解し、福利厚生の充実した社員を大切にする企業に出会えるよう今回の記事を参考にしてください。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.