「会社を辞めたい…」と思った時に考えたいポイント3つ

Pocket

誰しも「会社を辞めたい」と思うことは1度や2度くらいあるもの。心身に不調をきたすほどであれば仕方がありませんが、衝動的に退職を決意するのは危険です。
特に仕事に慣れ、マンネリを感じてきた第二新卒は、最も仕事を辞めたいと感じやすい時期と言われます。

しかし会社を辞めたいと感じた時は、それが本当に後悔しない選択なのかどうかよく考える必要があります。
今回は、会社を辞めるべきか迷っている第二新卒が考えたい3つのポイントについてお伝えします。

会社を辞めたいと思う時

誰しも1度は「会社を辞めたい」と悩んだ経験はあるはず。その気持ちが一過性のものなのか、それとも深刻な悩みなのかは状況によって様々です。

会社を辞めたいと思う原因は、主に2つ。1つは、職場の人間関係が悪いとき。どんなに自分の好きなことを仕事にしていたとしても、上司からパワハラを受けたり同僚との関係が上手くいかなかったりすれば、仕事を辞めたいと感じてしまいます。

仕事を辞めたいと思うもう1つの理由は、会社の待遇に不満があるとき。
激務にもかかわらず薄給な場合など、将来が見えずに仕事を辞めたいと感じてしまうのです。

衝動的に辞めるのは危険

仕事を辞めたいと考えること自体は、おかしなことではありません。自分が勤務している会社に不満がない人のほうが珍しいのではないでしょうか。
ただ、辞めたいと思ったときに衝動的に会社を辞めてしまうのは危険です。
1度辞めた会社に出戻りをするのは難しく、辞めた後に後悔してももう遅いのです。

ですので、会社を辞めるべきかどうか迷った時は、決断を急がずに一呼吸置くようにしましょう。
会社を辞めるべきなのか、もし辞めるべきだとしてもそれは今なのか。自分1人で悩まずに、周囲の人に相談するのも重要です。

もう一度考えたいこと3つ

会社を辞めるかどうかの判断基準を明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。
会社を辞めるべきかどうかの見極めがなかなか出来ず、心身ともに消耗してしまう人も少なくありません。
ここでは、会社を辞めるべきか悩んでいる第二新卒が考えたい3つのことをお伝えします。

1.時間が解決する問題かどうか

初めに考えたいのが、仕事を辞めたい原因は時間が経てば解決する問題なのかどうかということ。
繁忙期で忙しくて辛いなど、あと数ヶ月我慢すれば解決するような一過性の問題であれば、時間が過ぎ去るのを待つことをおすすめします。
逆に、上司からパワハラを受けているなど時間が経っても解決しない問題であれば、会社を辞めることを本格的に考えても良いかもしれません。
自分の抱える問題はいつ解決するのか、解決の目処がたつのかどうかをよく考えてみましょう。

2.今の仕事を続けることで成長できるのか

今の仕事を続けることで成長できるのかどうかは、会社を辞めるべきか迷った時の判断基準になります。
たとえば、いつまで経っても上司が雑務しか任せてくれない職場では、今後その会社で働いていても成長の見込みは薄いと言えるでしょう。
今後自分がどんなキャリアを歩みたいのか、そしてそれは今の会社で仕事を続けることで叶えられるのかを想像してみましょう。
もし今の会社で働き続けることが将来に繫がるのであれば、今すぐに退職を決意するのはもったいないです。
現在の「会社を辞めたい」という感情だけに流されず、今後のことも見据えると良いかもしれません。

3.転職先はすでに決まっている、または見つかるのか

次の転職先を決めずに今の会社を辞めるのは非常にリスキーです。
今働いている会社がブラック企業で精神・肉体ともに限界だというのでなければ、次の職場を見つけてから退職することをおすすめします。
退職後は、すぐに転職先が見つかるとも限りません。見切り発車で退職してしまい、退職後なかなか次の転職先が見つからないケースも珍しくないです。
転職活動には、交通費などそれなりに費用がかかります。十分に貯金があれば問題ないかもしれませんが、いきなり固定収入がなくなるのは精神衛生上良くありません。
出来るならば、次の勤務先を見つけてから会社を辞めましょう。

それでも辞めたい時は

上でお伝えした3つのことを考えた上で、それでも会社を辞めたいというのであれば転職サイトに登録しましょう。
転職経験のない第二新卒は、実際にプロの人にアドバイスをされたほうがスムーズに転職活動を進められます。
誰になんと言われようと会社を辞めるという決意が固まったのであれば、あとは淡々と転職に向け動くだけです。

まとめ

会社を辞めたいと考えてから実際に転職活動に踏み出すまで、様々な葛藤があるでしょう。
本当に辞めることが自分にとってプラスになるのかどうか、なかなか判断がつかないかもしれません。
そんな時は決断を焦る必要はなく、自分にとってベストな決断ができるよう納得がいくまで考え抜くのが大切です。

Pocket

関連記事

(C) 第二新卒・既卒・フリーターの正社員就職・転職・就活ならJizai. All rights Reserved.